TV番組「時を紡いで」より

昨夜、BSフジで伊勢神宮の式年遷都に関する番組をやっていて、こうした内容が大好きな自分は楽しみに番組を見ていました。内容は20年に一度新しい社殿を建て直すもので、伊勢神宮はこれを千年以上も繰り返しているという解説がありました。工法は昔のまま伝承され、20年前に前回の式年遷都の造営に加わった宮大工が大勢参加していました。若い大工を指導する立場の宮大工もいて、さらに20年後に工法が引き継がれていく様子が映像を通して伝わりました。檜は木曽などの「神宮の森」で育成されて、それが斧で伐採される様子も映されていました。伊勢神宮の周囲に広がる広大な森は、昭和初期に絶滅しかけたものを再生したということも知りました。将来は檜も全てそこで賄えるようにするという気の遠くなるようなプロジェクトがあるようです。伊勢神宮は何度か訪れたことがあるだけにとても身近に感じたひと時でした。

関連する投稿

  • 週末 梱包開始&美術館散策 今日から個展のための梱包作業に入ります。まず「発掘~座景~」の4枚の台座をシートに包みました。シートの内側にはエアキャップをガムテープで貼り付けています。台座に施した砂マチエールが痛まないように作品 […]
  • 半日休暇を取って遠方の美術館へ 昨日見た幽霊や妖怪の展覧会の後で、墓に関する彫刻や建築の展覧会は夏らしい涼を感じさせるものですが、「墓は語る」という表題のついた展覧会は前から行こうと決めていたので納涼の意図はありません。同展を開催 […]
  • 関西出張① 木造建築雑感 関西出張の第一日目は奈良県でした。久しぶりに法隆寺に行きました。飛鳥時代の仏像や世界最古の木造建築で知られる法隆寺。「釈迦三尊像」や「百済観音像」にも無沙汰を詫び、嘗て何度か拝観したきりりと引き締ま […]
  • 週末 体調不良のため午後散策 このところ数日間、体調が芳しくありません。職場では元気に働いていますが、夜になるとぐったりとして動けなくなるのです。夜の工房も今週は行っていません。RECORDも遅れがちです。今日は朝から工房に出か […]
  • 風景の再構築 近隣を散策していると、かつて自分が小学校に通った小道が変貌していて、昔の見慣れた風景が思い出せなくなっているのに気づきます。住宅が密集し、かつての小道より大きな通りが横に出来ていて、ここまで変わって […]

Comments are closed.