13‘個展最終日

今年の個展の幕が降りました。芳名帳を見るといろいろな方に来ていただき、また支えられていることに感激しております。今日も初日に続き、職場の方々に来ていただきました。職場は芸術の世界とは無縁なだけに、一緒に働いている人たちの温かさ、懐の深さに頭が下がります。旧友のパテシエや弾き語りをやっている従兄弟等、まったく別の分野で活躍している方々に来ていただいて積もる話を伺いました。芳名帳を見ると随筆家笠原実さんや紀行作家みやこうせいさんのお名前もありました。一年1回のこういう機会は大切な時間かもしれません。美大生に工房スタッフとして手伝っていただいていますが、それとは別に偶然立ち寄っていただいた学生数名もいました。筑波大学で彫刻を専攻している学生たちで、同大は基礎基本をしっかり身につけさせるカリキュラムであることを自分は知っていたので、彼らには今後自分の世界観をじっくり培って欲しいと願いました。最後に私の師匠である池田宗弘先生が長野県からお見えになりました。終了時間ギリギリで搬出準備が始まっている最中でしたが、師匠はいつまでも師匠だなぁと思わせる大切な話を聞かせていただきました。「相原の作品はどこを見ても相原らしい。君の体躯にそっくりだ。」という軽いコトバが妙に印象に残りました。ともかく8回目の個展が終わり、業者とスタッフによって分解され、箱詰めされた作品は、無事工房に戻ってきました。毎年のことながらこの瞬間は嬉しくもあり、充実もしているのは分かっているのですが、イベントの終わりは一抹の寂しさと疲労感が残ります。また明日から来年に向けて頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 週末 個展搬入日 いよいよ個展搬入日になりました。例年頼んでいる運搬業者2人、工房スタッフ3人、家内と私を含めて総勢7名で搬入展示作業を行いました。朝9時半に工房のガレージを開け、トラックに木箱35箱、箱に入らず垂木 […]
  • 相原工房の写真 7月にある個展の図録に、相原工房の内部写真を入れています。見開きで作品2点を配置したところを撮影しています。夕方の光が差し込む美しい写真に仕上がっています。工房は倉庫建築なので余分なものがなく、洒落 […]
  • 7月 猛暑の予感 7月になりました。このところ暑い日が続いています。今年の夏はどんな夏になるのでしょうか。猛暑の予感がしますが、節電のことが気にかかり、爽やかなイメージを持てません。今年も7月に銀座のギャラリーせいほ […]
  • 個展案内状の印刷 今年の個展も2週間後に迫ってきました。東京銀座のギャラリーせいほうで11回目の個展になります。知り合いや個展に来ていただいた方で住所が分かる人に、案内状を送ろうと思います。今晩は工房が陶彫部品の焼成 […]
  • 11’個展搬入の日 朝9時に懇意にしている運送業者2名が相原工房に個展出品作品を取りに来ました。工房に出入りしている若いスタッフ2名と家内と私とで作品を乗せたトラックを追いかけ、10時半には銀座8丁目に到着。業者を加え […]

Comments are closed.