地を這うカタチ

「発掘~地殻~」は樹木の根が大地を覆う中に、生命体のような都市が息づくイメージを、陶彫と木彫を素材に具現化したものです。都市には興亡があり、歴史の移ろう中で遺跡となって樹木に覆われ、やがて自然に還っていく風景があります。古今東西の芸術家が無人化した建造物を題材にして優れた作品を残していることも知られています。私も「発掘シリーズ」と称して、都市の遺構を発想の礎としてきました。現在、次作として地を這うカタチを作っているところです。これは「発掘~地殻~」の延長上にあり、甲羅のような外皮をもつ都市です。増殖を繰り返し肥大化した都市。外敵からの攻撃侵入を防ぐため壁を廻らせた都市。そんな都市の形態が造形的興味を掻き立てるのです。今作っているカタチは曲面を多用しています。有機的なカタチは生命を感じさせます。都市そのものを生命体として捉えることを試みています。どの程度の大きさでまとめるか、今後の制作状況を見ながら考えていきたいと思います。

関連する投稿

  • 遅々として進まぬ荒彫り 三連休の中日です。朝から工房に篭って木彫の荒彫りをやっていました。なかなかイメージ通りにならず、何度も木材に鉛筆で線を書き込んでは消していました。蔓のような木の根のようなモノが蛇行して這っていく状況 […]
  • 週末 「混在」の表層彫り込み 今日は朝から夕方まで工房で制作三昧でした。朝は相変わらずの寒さでしたが、昼ごろから暖かくなり、久しぶりにストーブを消して窓を開けました。彫り込みは順調に進みましたが、時間がかかるので一体いつ彫り込み […]
  • 架空都市を作る 自分の作品は古代遺跡からイメージを導き出すことが多く、ちょうど都市の雛型のようなフォルムになります。インカ帝国のマチュピチュに関する展覧会が東京上野で開催されていて、それを見たことが契機になって、自 […]
  • 週末 「群塔」撮影日 今日は今夏個展で発表する「発掘~群塔~」の撮影日でした。この撮影日が作品の完成日となります。陶彫部品を組み合わせて集合彫刻としてまとめ上げる私の作品は、スタッフの協力がなければ組み立てられない作品な […]
  • 風薫る5月初め 5月になりました。今日と明日は通常出勤なので、今日は連休に挟まれているものの職場でしっかり仕事をしています。この時期は重要な調査を抱えているので、2日間の出勤はやむを得ないと思っています。5月は風薫 […]

Comments are closed.