民俗学と仮面について

九州の土俗面を考察する書籍を読み始めて、自分が興味を持っている仮面についての書籍を、今まで一度も読んだことがなかったことを思い出し、改めて自分の興味に関する学術的な裏付けが欲しいと思いました。昔から仮面を集めているのに、何故民俗学に気持ちが向かなかったのか我ながら不思議です。自分の母校には民俗学者宮本常一の流れを汲む相沢韶男教授がいて、私は講義を取っていました。当時私は良好な学生ではなかったのですが、その後、相沢先生一家とはオーストリアで再会し、ウィーンの仮住まいで相沢先生の論法ともいうべき相沢流民俗学に惹き込まれていきました。こんなにも民俗学が身近であったにも関わらず、仮面に関しては学術的関心を示さなかった自分を恥じています。仮面のことを造形的興味だけではなく、もっと多角的に知りたいと、最近遅ればせながら考えるようになりました。

関連する投稿

  • 週末 工房ロフトの見積もり 今日も昨日に引き続き、朝から工房で制作に明け暮れました。新作の陶彫部品成形は3点目になりましたが、乾燥具合で皹が入る可能性もあり、予断を許さない状況です。実際に新しいカタチはどうなるかわからないので […]
  • 週末 気分転換の必要性 転勤して初めての週末です。朝7時に工房に行き、成形した陶彫部品に水を打ってきました。今日は気分転換の必要性を感じました。夜寝ている間に汗をかき、職場の人事のことが頭から離れなかったのです。新しい職場 […]
  • 「イメージの力」展 私は仮面が大好きで、アフリカ、アジア、ヨーロッパや日本の仮面を集めています。その中でもとりわけアフリカの仮面に惹かれています。国ごと部族ごとに異なる造形や装飾は朴訥な生命力に溢れています。自分が創作 […]
  • 東京駒場の「柚木沙弥郎の染色」展 90歳を超えても現役で活躍する染色家柚木沙弥郎。先日、NHK番組の日曜美術館で紹介されていて、その制作風景を見た私は創作意欲が刺激されました。自由闊達で好奇心の塊のような作家は、床に敷いた大きな平面 […]
  • 「ジャック・カロ展」奇想の劇場 東京上野の国立西洋美術館で開催されていた「ジャック・カロ展」に行った感想を書きます。副題に「リアリズムと奇想の劇場」と謳っていたのが、この展覧会を見ようと思ったきっかけです。細密な銅版画による人物描 […]

Comments are closed.