「火の神・山の神」を読み始める

「火の神・山の神 九州の土俗面考【1】」(高見乾司著 海鳥社)を読み始めました。ずい分前に大分県湯布院にあった由布院空想の森美術館(2001年閉館)に行ったことがあります。その時に見た土俗面の数々に感銘を受けました。展示は白壁にたっぷり空間をとって土俗面ひとつひとつがクローズアップされるように演出されていました。その展示方法にも魅かれました。自分は仮面が大好きで、民俗的な見地からではなく造形的な興味本位で集めています。自分が集めているモノなど由布院空想の森美術館のコレクションに比べれば取るに足りないモノばかりですが、仮面が放つ魅力は自分を虜にして離してくれません。そんな空想の森美術館を設立された著者の思いを、収集した土俗面を通して知りたいと思いました。本書をどこで購入したものか自分は忘れていて、ずっと自宅の書棚に眠っていたものを今回引っぱり出してきました。また、著者は民俗学者ではなく画家のようで美術的な視点からも興味が尽きません。通勤時間がまたまた楽しくなりそうです。

関連する投稿

  • 「解放」ベン・シャーン 自作にも「構築~解放~」という作品がありますが、ここで取り上げるアメリカ人画家ベン・シャーンによる「解放」は、象徴的な名作です。これは第二次世界大戦中のフランス解放をテーマにして描かれたガッシュによ […]
  • 2月RECORD「匂い立つ土俗の構え」 今月のRECORDのテーマを「匂い立つ土俗の構え」にしました。自分は土俗性、土着性の強い造形が大好きです。アフリカを初めとする世界各地の仮面の収集もやっていて、自分の制作動機をそこに求めることがあり […]
  • 「今日はマスクをつけよう」 表題は国吉康雄の絵画につけられた題名です。マスク(仮面)の魅力は、私も昔から憑かれていて、マスクが画題になる画家には一目置いているのです。たとえばベルギーの画家ジェームス・アンソール。アンソールは両 […]
  • 「豊饒の神・境の神」を読み始める 「豊饒の神・境の神 九州の土俗面考【2】」(高見乾司著 […]
  • 私にとって仮面とは… 私は仮面が大好きで、アフリカ系の雑貨店に入ると必ず仮面の掛かった壁を眺めています。造形的な興味が湧くと、つい購入してしまう癖があります。収集家ではないので、仮面の数が多いわけではありませんし、骨董価 […]

Comments are closed.