「青蜥蜴の夢」読後感

「土方久功詩集 青蜥蜴の夢」(土方久功著 草原社)を読み終えました。本書の中では、とりわけ南洋群島にいた時代に書かれた詩や随筆に興味が湧きました。南洋群島の人々の触れ合いや繋がり、村の長老や娘たちの生き生きとした生活ぶりや異国情緒を感じさせる風景描写が、現実感に溢れ、時に郷愁をもって綴られていました。本書は著者が詩人として描いた世界で、造形の創作ノートではありません。土方久功が彫刻家として名を馳せた事実を考えると、海外での生活の中で、どこを切り取って造形美術にしたのか、どういう場面で作品が作られていったのか、私はそこが知りたいと思いました。本書は日常の何でもないことを題材に、目の前の現実を受け止め、または過去を振り返って思い描いた場面がよく登場します。その空気や匂いが伝わってくるコトバが多く、周囲の自然や気候の変化を捉えています。土方久功は小さな生物や植物に思いを寄せる心優しき人だったように思います。

関連する投稿

  • 若林奮「Dog Field」展 多摩美術大学美術館で開催されている故若林奮先生の「Dog […]
  • 詩集「青蜥蜴の夢」を読み始める 横浜駅地下街の古書店で見つけた「土方久功詩集 […]
  • 言語と図像の関係 「言語と図像とは、位相を異にしながら、牽引し合う。余白に書かれたように見えながら、言語影像としての自発的な対位法をもつ。」(「瀧口修造全集5」みすず書房)自分がコトバを選ぶ時に感じることのひとつに、 […]
  • 15‘RECORD1月・2月・3月分アップ 私のホームページに2015年のRECORD1月分~3月分をアップしました。ようやく今年の3か月分がアップ出来ました。今年のRECORDのアップはこれで締め括りになりますが、RECORDは今も継続中な […]
  • 造語タイトル「宙景」と「座景」 このところ自作のタイトルは造語にするしか考えが浮かばず、漢字を繋げて造形イメージに近づけようとしています。「層塔」「群塔」「環景」など、過去のタイトルを振り返ると、造形イメージとの一体化を図る意志が […]

Comments are closed.