欠如を補う行為

情緒が安定しない時は、周囲の人とも良好な関係が保てず、バランスを欠いていることすら気付かないことがあります。そうした中で何かを見出すことは難しいと思います。自己の内面を吐露する創作活動でさえ情緒が安定していることで凝縮した世界が表現できると考えます。才能に絶望して自ら命を絶つ芸術家がいますが、狂気となるのは一時だけで、咄嗟の出来心が悲劇を生むのではないかと推察いたします。創作は心の安定の上に立って、さらにそこに欠如を見出し、それを補う行為だと自分は考えます。逆に全て満たされては創作する魂を失い、駄作に甘んじてしまうとも考えられます。欠如を補おうとして何かを渇望し、尋常ではない集中力をもって作られたものは、鑑賞者の心を揺さ振るパワーが宿ると自分は信じています。欠如を補う行為、これが創作に限らず、全てのパワーの源かもしれません。

関連する投稿

  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]
  • アトリエの再現 芸術家が作品を生み出す場所や周囲の環境に覗き見的な興味を私は持っています。学生の頃も大学の一角を使って、彫刻科の先生方が真摯に制作されている現場を垣間見て、自分の意欲を高めたりしていました。東村山市 […]
  • 異文化に寄り添う心 相原工房には中国籍の若いアーティストが出入りしています。彼女は美大の大学院生ですが、この春からその美大に就職することが決まり、引き続き通い慣れた大学に勤務することになります。彼女はグラフィックデザイ […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 「千利休 無言の前衛」読後感 「千利休 無言の前衛」(赤瀬川原平著 […]

Comments are closed.