孤独とは何かを考える

詩を読んでいると、孤独に苛まれ、それでも生きようとするコトバに出遭います。孤独にも個人差があるとは思いますが、畢竟するに孤独とは如何なるものか、自分は折に触れて考えることがあります。自分は幼い頃から情けない人間で、甘えの構造の中で孤独という便利な言い訳を使っていました。海外で一人で暮らしていた時も、寂しさが募って情緒不安定になれば安易に帰国すればいいと思っていて、深淵に臨むが如く孤独になることはありませんでした。天涯孤独というのは自分には想像もできず、人との繋がりを一切絶つとはどんなものか、時に引き籠りたい気分はあっても、精神的に自分はやはり健全であると自覚しています。孤独とは周囲に人がいたとしても、自ら関係を絶ち、精神的に追い込まれる状態を孤独と称することもあります。縦しんば本当の意味で孤独になったとして、心が実際に耐えうるのかが疑問です。孤独感を身に纏っていても、それは自己感性が反応して感覚として捉えているのであって、孤独そのものを指すものではないとも考えています。究極とまではいかなくても忍び寄る俄な孤独感は誰にでもあって、それが創作活動に作用すると考えるのが一般的かなぁと思えます。

関連する投稿

  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • ビーフシチュー&鳥鍋のサービス このNOTE(ブログ)では職場について触れる機会が少ないのですが、職場で人間関係がうまくいくように私自身が仕掛けていることについて今日は書きたいと思います。職員はそれぞれ5日間の夏季休暇を来月末まで […]
  • 年度の折り返し地点 職場は4月初めから翌年の3月末までのサイクルで動いています。つまり年度で仕事の切り替えを行います。今日は年度のちょうど折り返し地点になり、上半期が終了したことになります。職場では特別に何か儀式がある […]
  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]

Comments are closed.