週末 法事に対する思い

家内の両親が亡くなって、亡父13回忌、亡母7回忌の法要を行いました。家内の親戚は奄美大島から出てきた人たちで、兄弟姉妹間の血が濃く、その中には学問で身を立てた人もいて、自分にとっては芸術の理解者、思索の助言者として並々ならぬ恩を感じています。以前NOTE(ブログ)に書きましたが、カント哲学者であった叔父が亡くなったことが自分には残念でなりません。もっと生前に話を聞いておけばよかったと後悔しています。考古学や声楽をやっている叔父たちは健在なので、悔いの残らない関係を続けたいと願っています。叔父叔母たちの子どもたちとは、従妹会を企画していて、よく付き合っています。法事は亡き人を偲びつつ、生きている私たちの関係をより良くするために行うものと考えています。つまり生きている自分たちのために行うものと割り切った考え方を自分も家内もしています。そんな意味で今日は、墓前にお参りをした後、横浜中華街で美味しい料理に舌鼓を打って楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

関連する投稿

  • 三連休 陶彫成形「根」の完成 三連休の中日です。朝から工房で陶彫制作に明け暮れました。昨年暮れの休庁期間に立てた制作目標である陶彫の「根」部分16個の完成は、何とか今日出来上がりました。と言っても彫り込み加飾は明日行うので、実際 […]
  • 三連休に休庁期間のことを考える 12月29日から1月3日までの6日間が休庁期間となり、この時期は年越しで気持が改まる時でもあります。職場では地方に郷里があれば実家に帰る職員もいます。私は横浜生まれの横浜育ちなので、里帰りに縁があり […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]
  • 大雪に見舞われた一日 豪雪地帯では日常茶飯な降雪ですが、首都圏では交通が乱れ、帰宅困難になる人が大勢出てしまいます。私の職場でも、降り積もる雪を見ながら、昼食時に全職員に集まっていただき、今日は定刻で帰ることを決めました […]
  • クリスマスには映画鑑賞を… 職場で独自設定した三連休の最終日です。今日はクリスマスです。明治維新以降、我が国は欧米に政治経済や文化まで見習い、貪欲に吸収していくうちに、西欧の宗教も呑み込んで、その異国情緒を伴う宗教感に憧れを持 […]

Comments are closed.