陶紋による造形簡潔化

陶紋は立方体や直方体といった矩形がベースになって、表面に変化をつけて展開していく連作です。陶紋の前には、球体都市の連作をやっていました。球体都市は40個ほど作っていたので、陶紋もほぼ同数にしていく予定です。陶紋は今夏発表する作品を含めると20個出来ました。現在21個目の来年発表予定の陶紋を作り始めています。新作は直方体を横にした形態です。今回、文様は簡潔化を図る予定です。カタチをパターンとして繰り返すのではなく、直方体に簡潔な造形を加えることで直方体が明確に意識できるようにしようと思っています。と言うのは何もしないよりも、一本の線が入ることでカタチそのものがハッキリすることが視覚心理上であります。たとえば何もない空間より、何かが置かれた空間に広さを感じたり、モノとモノの関係により空間を把握しやすくなる場合がそれに相応します。造形の簡潔化で小さな矩形を大きく見せたい意図もあるのです。数点試みた上で今後の方向性を探ろうと思います。

関連する投稿

  • 「群塔」床置き再考 今晩も工房に来ました。目の前に置かれた陶彫部品の数々と木彫が貼り付けられた屏風7点、彫り始めた床置きの木彫の厚板。もう一度新作「発掘~群塔~」の全体像を整理して、完成のイメージの把握を試みました。カ […]
  • 週末 課題の克服へ向けて 週末になると朝から工房に籠って制作三昧になります。陶彫は何年やっていても新たな困難に直面します。新作ごとにイメージしたカタチを作るので、その時その場面で新たな問題が生じるのです。成形上の定型がない故 […]
  • 地を這うカタチ「発掘~増殖~」 地を這うカタチとして制作を続けている新作に「発掘~増殖~」という題名をつけました。無限に広がっていく植物的な生命体が脳裏にあって、当初は画廊空間全体に蔓延らせるイメージがありました。大地を這うように […]
  • 三連休 集合彫刻の統括 三連休の中日です。今日も朝から夕方まで制作三昧でした。擂り鉢状の新作は陶彫部品を組み合わせた集合彫刻です。集合彫刻は私が20年以上も関わってきた表現方法で、部品をひとつずつ作って、それらを統括してひ […]
  • 週末 仕上げの時間の確保 今日は朝から夕方まで工房に篭って制作していました。土練、タタラ、成形、彫り込み加飾を繰り返す制作サイクルの中で、いつから仕上げ工程である化粧掛けや窯入れに入るかを考えながら制作を進めていました。問題 […]

Comments are closed.