制約された中での自由

今朝、職場に出勤しましたが、雨天のためイベントが明後日に延期されました。その時点で職場から工房に向い、いつものように制作を行いました。二足の草鞋生活は時間の確保が難しい側面がありますが、やはり工房に来ると創作に没頭出来ることの幸福を感じます。創作活動は自分のために行う珠玉の時間です。これがあるために自分は生き甲斐を感じると言っても過言ではありません。20歳の頃から創作活動に携わっていくことを決め、幸いにも現在まで諦めずにやってこれたことを嬉しく思うことがあります。創作活動は言わば自己を満足させるための手段で、どこのレベルで線引きするかは創作に対する自分の思いがどのくらいあるのかに依ります。ただし、前述した通り生活していく上での仕事は必要で、その仕事にもやりがいを持ちたいと思って現在の仕事に従事しているのです。確かに時間の面で手枷足枷になっている現状はありますが、この制約された自由時間は制約があるからこそ無駄にできないと思っていて、そこに密度の濃い時間が生まれると考えています。今の自分は制約があるからこそ頑張れるのではないかと思っているところがあります。退職して制約がなくなるとどうなるのか思いを巡らせてみることがあります。今の緊張は保てなくなりますが、代わりに何か得るモノもあるのではないかと考えるようになりました。

関連する投稿

  • 体内時計の変化 周囲の高齢な方々を見ていると不眠症に悩んでいる人が結構います。60歳定年を過ぎても自分は再任用管理職として現役で仕事をしているため、定年前とまるで変わらない生活を送っています。まして30年も続いてい […]
  • 聖夜 お汁粉作り&映画 私はキリスト教徒ではないので、クリスマスの意識はありません。若い頃に滞欧して、カトリック教会の厳かな式典や正教会の素朴な祈りに触れて、宗教のもつ純粋な祈祷に心が動かされたことがありました。そういう意 […]
  • 自分を取り戻す時間 私は一日1点ずつ小さな平面作品を作っていて、RECORDと名づけています。言わば毎日の記録です。日記のように作品を作っていくコンセプトで始めたRECORDでしたが、気楽に作品を作れない私の性格のせい […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]
  • 退職の日 辞令交付式 私は20代の頃は海外にいたので、橫浜市公務員になったのは30歳でした。大学時代の就職活動組からすれば、随分遅れをとったことになりますが、あれから30年が経ち、今日定年退職を迎えることになりました。私 […]

Comments are closed.