制約された中での自由

今朝、職場に出勤しましたが、雨天のためイベントが明後日に延期されました。その時点で職場から工房に向い、いつものように制作を行いました。二足の草鞋生活は時間の確保が難しい側面がありますが、やはり工房に来ると創作に没頭出来ることの幸福を感じます。創作活動は自分のために行う珠玉の時間です。これがあるために自分は生き甲斐を感じると言っても過言ではありません。20歳の頃から創作活動に携わっていくことを決め、幸いにも現在まで諦めずにやってこれたことを嬉しく思うことがあります。創作活動は言わば自己を満足させるための手段で、どこのレベルで線引きするかは創作に対する自分の思いがどのくらいあるのかに依ります。ただし、前述した通り生活していく上での仕事は必要で、その仕事にもやりがいを持ちたいと思って現在の仕事に従事しているのです。確かに時間の面で手枷足枷になっている現状はありますが、この制約された自由時間は制約があるからこそ無駄にできないと思っていて、そこに密度の濃い時間が生まれると考えています。今の自分は制約があるからこそ頑張れるのではないかと思っているところがあります。退職して制約がなくなるとどうなるのか思いを巡らせてみることがあります。今の緊張は保てなくなりますが、代わりに何か得るモノもあるのではないかと考えるようになりました。

関連する投稿

  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]
  • 体内時計の変化 周囲の高齢な方々を見ていると不眠症に悩んでいる人が結構います。60歳定年を過ぎても自分は再任用管理職として現役で仕事をしているため、定年前とまるで変わらない生活を送っています。まして30年も続いてい […]
  • 週末 若いスタッフの結婚式 相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作 […]
  • やっと金曜日… 私自身の進退を問うヒアリングがあったり、関係者との深夜に及ぶ相談があったり、来年度の職員との人事面談が始まったりして、今週はなかなか密度の濃い1週間を過ごしていました。やっと金曜日になったという実感 […]

Comments are closed.