「瀧口修造 白と黒の断想」を読み始める

「瀧口修造 白と黒の断想」(瀧口修造著 幻戯書房)を今日から読み始めました。はたまた瀧口修造かと思われるかもしれませんが、結局のところ美術評論で私は瀧口修造の著したものが大好きなのです。本書は図版が多く掲載されています。瀧口好みの芸術家が並んでいて、それらが自分の好みと重なるので、それで私は瀧口修造の書籍をよく読んでいると言えます。瀧口修造が生きたほんの少し前の時代は、シュルレアリスムから抽象表現まで新鮮な息吹きに包まれた時代でした。自分の師匠たちは野外彫刻に進出し、国際的な視野で活躍する作家が増えてきました。そうした契機を作った海外の芸術家に焦点をあてた本書は、充分楽しめる内容が盛り込まれています。通勤電車の中で時間をかけて読んでいきたいと思います。

関連する投稿

  • 「余白の芸術」読後感 「余白の芸術」(李禹煥著 […]
  • 「カンディンスキーの舞台美術」抜粋 「カンディンスキーにとって、調和に至る関係とは、場合によっては一方に服従を強いるものであった。彼は舞踊の他にも、あらゆる芸術手段の“依存”ー例えば、オペラにおける音楽と歌詞、バレエにおける物語と運動 […]
  • ゲーテの「ラオコーン論」 イタリア・ローマのヴァティカン美術館にあるラオコーン群像。自分は受験時代に石膏デッサンでラオコーンを描いたことがあって、20代後半に渡欧してヴァティカン美術館で初めて大理石による実物を見て、素材から […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 「彫刻家との対話」読後感 「彫刻家との対話」(酒井忠康著 […]

Comments are closed.