ウィーンからの懐かしいメール

1980年から85年となれば、今を遡ること30年前になります。オーストリアの首都ウィーンは地下鉄の交通網がシュタットバーン(市街電車)に取って代わろうとしていました。そんな頃に自分は市街から遠い10区に住んでいました。最初の年は3回引っ越して80年の終わり頃に10区に落ち着いたのでした。借住まいの近所に有名なアイスクリーム店があって、夕方になると毎日買いに出かけました。今となってはウィーンのことを知るのは、毎年正月に放映されるニューイヤーコンサートをTVで観るだけですが、先日ウィーンに住む日本人の旧友からメールがきて懐かしい思いに浸りました。家内が早速返信をしていました。彼はまだ演奏活動をしているのでしょうか。自分のホームページにヒットしてくれたおかげで、こんな機会が持てたことを嬉しく思います。先日一時帰国したドイツ在住の先輩といい、今回の旧友といい、薄れつつあった記憶が次第に甦っていくのを感じています。定年を迎えたら、もうひとつの人生をヨーロッパでやり直そうと決めています。ウィーンを再訪する日がくると信じて、公務員としての仕事に励む毎日です。

関連する投稿

  • 喪中葉書を受け取って… この時季になると喪中葉書が送られてきます。自分の年齢を鑑みると、本人ではなく、その関係者が多いのですが、たまに親交の厚かった本人であったりすると残念でなりません。自分が世話になった人が亡くなり、喪中 […]
  • 映画「フジコ・ヘミングの時間」雑感 横浜のミニシアターにはレイトショーがあって、仕事帰りに立ち寄れる時間のため、映画を容易に楽しめることが出来るので重宝しています。独特な音楽観を持つピアニストのフジコ・ヘミングは、以前テレビで紹介され […]
  • オペラ初体験.Rシュトラウス ウィーンで初めて観たオペラはR.シュトラウスの「エレクトラ」でした。下調べもせず、音楽留学生から立ち見席のことを聞いて、まず飛び込んだ劇場でやっていた演目が「エレクトラ」。真っ暗な舞台。登場人物も少 […]
  • クラシック音楽を聴く機会 20代の頃にオーストリアの首都ウィーンに住んで、リング(環状道路)沿いにある国立歌劇場に毎晩通っていました…と、書くと自分はいかにも文化意識が高く、経済的にも恵まれた、どちらかと言えば鼻持ちならない […]
  • ムソルグスキー「ボリス.ゴドノフ」 まるでロシアのリアリズム絵画を見ているような舞台。群集の合唱に圧倒され、クレムリン宮殿の豪華な広間の隅々にもリアルを追求した大道具や小道具が置かれ、まさにロシアの歴史に遭遇しているような錯覚に陥りま […]

Comments are closed.