週末 「地殻」の木箱作り

作品の梱包用に手間暇かけて木箱を作っています。かつて段ボールに収納してあった陶彫部品ですが、段ボールが変形をしたため、中にある作品が破損する危険性が考えられたので、全て合板による木箱に変えることにしたのです。陶で出来た作品は外部からの衝撃によって壊れることがあり、作品を上手に保存するために木箱作りに着手しました。木箱の中で陶彫部品ひとつずつにエアキャップを巻いて収納しています。「発掘~地殻~」の部品は40個あります。大きめの部品と小さめの部品を組み合わせて、ひとつの木箱に収めていますが、それでも簡単に終わる作業ではありません。木箱作りは創造的な仕事ではないので、陶彫の成形や彫り込み加飾と併行してやっています。そうしないとモチベーションが下がってしまうのです。今日は午前中、新作陶彫の彫り込み加飾を行い、午後になってから木箱を作りました。木箱作りは次回も継続です。

関連する投稿

  • 窯出しの緊張感 陶による表現は、最終段階でそれまで手塩にかけてきた作品を窯に入れて高温で焼く工程があります。土練りを丹念に行うのも、タタラや紐作り、またはロクロを回して成形するのも、全てこの最終段階でいかに自分の意 […]
  • 三連休 最終日は窯詰め 今日は三連休最終日。陶彫の作業は昨日成形した作品の修整のみに留めて、今日はむしろ今までの修整済みの作品に仕上げを行い、化粧がけをしました。いよいよ作品のいくつかを窯に詰めるための最終作業です。窯の大 […]
  • 週末 焼成の躓き 日曜日に窯入れした作品5点を窯から出しました。水曜日には温度が下がっていたはずでしたが、ウイークディは工房に行く暇がなく、窯出しは今日になりました。5点のうち一番小さい作品が割れていました。素焼きを […]
  • トレーニングに関する雑感 スポーツにはトレーニングがつきものですが、創作行為や物事の発想にもトレーニングが必要だと感じます。創作における日々のトレーニングは、イメージ力を高めると確信しています。私の場合のトレーニングはREC […]
  • 陶壁へのイメージ再び 今までのブログの中に、自分の美術的なイメージをコトバとして書き綴ったものがあります。それは通勤中の車内だったり、不謹慎ながら会議の途中にふと湧き上がったものだったりします。かつて城壁のようなものの上 […]

Comments are closed.