「0・ルドン展」眼の浮遊

新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「オディロン・ルドン展」は、象徴主義の代表格とされる巨匠の多義に亘る絵画作品で構成されていました。ルドンと言えば自分は闇の中に浮かぶ奇怪な生命体を思い描きます。モノクロの画面から幻想が漂い、自己の内面を覗いた深遠な世界という印象を持っています。ルドンの代表的なモチーフに「夢」があります。「夢のなかで」と題されたリトグラフの連作は、生物学的興味と精神主義的意味の双方から眼という器官を重視していたルドンのヴィジョンがよく表れているように感じます。描かれた風貌の中で大きな眼のある生命体が浮遊している画面は、観る側によってさまざまな解釈が可能です。とりわけ眼は人間の器官の中で、内面を示す最も過敏な部分だと考えます。画面の中で、眼が中心に据わると他の部分の印象が薄まりますが、奇怪な生物に人間の眼がつくと愛嬌のある不思議なキャラクターに変わってしまいます。実際に眼が描かれていなくても、観る側に働きかけてくるのは画面全体がルドンの眼になっているのかもしれないと、数々の作品を見ながら自分は感じ取っていました。眼の浮遊、こんなコトバが思いついた展覧会でした。

関連する投稿

  • 「嶋田しづ・磯見輝夫展」雑感 先日、横須賀美術館で開催されている「嶋田しづ・磯見輝夫展」に行ってきました。現存する画家・版画家の旧作から新作まで含めた大がかりな展示は、その作家の歩んだ道を達観できる良い機会でした。画家嶋田しづ氏 […]
  • 木版画に対する思い 年齢とともに表現や思考が変化することは、自分もよくわかっています。現在は自分が20代の頃に目指した方向とまるで違う表現に変化していて、当時を振り返ることはなくなりました。先日出かけた横浜美術館の「魅 […]
  • 「魅惑のニッポン木版画」展 先日、横浜美術館で開催されている「魅惑のニッポン木版画」展に行ってきました。錦絵から現代に至るまで、日本の木版画は優れた表現と技術を持っていると私自身考えています。改めてその水準の高さに納得しました […]
  • 東京両国の「北斎の帰還」展 先日、東京両国にある「すみだ北斎美術館」に行ってきました。目的はTVで放映された「須佐之男命厄神退治之図」の復元された絵をこの眼で見たかったことでしたが、美術館が企画した「北斎の帰還」展にも眼が奪わ […]
  • 「おいしいアート」の楽しさ満喫 横須賀美術館で開催している「おいしいアート展」を見てきました。カスヤの森現代美術館に行った折、同伴した若いアーティストがスマートフォンで検索し、近くの美術館で不思議なタイトルの美術展をやっていると教 […]

Comments are closed.