「0・ルドン展」眼の浮遊

新宿にある損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「オディロン・ルドン展」は、象徴主義の代表格とされる巨匠の多義に亘る絵画作品で構成されていました。ルドンと言えば自分は闇の中に浮かぶ奇怪な生命体を思い描きます。モノクロの画面から幻想が漂い、自己の内面を覗いた深遠な世界という印象を持っています。ルドンの代表的なモチーフに「夢」があります。「夢のなかで」と題されたリトグラフの連作は、生物学的興味と精神主義的意味の双方から眼という器官を重視していたルドンのヴィジョンがよく表れているように感じます。描かれた風貌の中で大きな眼のある生命体が浮遊している画面は、観る側によってさまざまな解釈が可能です。とりわけ眼は人間の器官の中で、内面を示す最も過敏な部分だと考えます。画面の中で、眼が中心に据わると他の部分の印象が薄まりますが、奇怪な生物に人間の眼がつくと愛嬌のある不思議なキャラクターに変わってしまいます。実際に眼が描かれていなくても、観る側に働きかけてくるのは画面全体がルドンの眼になっているのかもしれないと、数々の作品を見ながら自分は感じ取っていました。眼の浮遊、こんなコトバが思いついた展覧会でした。

関連する投稿

  • 三連休 気分転換の制作&美術館 三連休の中日です。今日は昨日のような疲労はなく、早朝から家内と菩提寺に出かけました。朝7時に墓参りをするのは初めてでしたが、清々しい空気に触れて心が軽やかになりました。9時に2人の若いスタッフが工房 […]
  • 「注文の多い展覧会」雑感 今月初めの週末、あまりにも工房が暑くて作業を早めに切り上げた日がありました。その日の夕方、横浜山手にある神奈川県近代文学館で開催中の「注文の多い展覧会」に行ってきました。展覧会の題名が示す通り、これ […]
  • 木版画に対する思い 年齢とともに表現や思考が変化することは、自分もよくわかっています。現在は自分が20代の頃に目指した方向とまるで違う表現に変化していて、当時を振り返ることはなくなりました。先日出かけた横浜美術館の「魅 […]
  • カサット絵画におけるジャポニズム 19世紀から20世紀にかけてパリで印象派が活気を呈していた時代に、日本の浮世絵等がヨーロッパで紹介され、その画面の構成や色彩の象徴化に感銘を受けた芸術家が多かったのは美術史が示すところです。横浜美術 […]
  • 「魅惑のニッポン木版画」展 先日、横浜美術館で開催されている「魅惑のニッポン木版画」展に行ってきました。錦絵から現代に至るまで、日本の木版画は優れた表現と技術を持っていると私自身考えています。改めてその水準の高さに納得しました […]

Comments are closed.