「ルドン 私自身に」読み始める

「ルドン 私自身に」(オディロン・ルドン著 池辺一郎訳 みすず書房)を読み始めました。東京新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で開催されている「ルドン展」を先日見に行って、その関連として自宅の書棚に眠っていた同書籍を読もうと決めました。いつ購入したものか忘れましたが、再読ではなく初めて読むものです。萩原朔太郎の詩集も同時に読んでいますが、ルドンの著作は通勤電車の中で読むことにしました。ルドンは自分にとって画風に馴染みはあるものの、作者や作品理解に一歩踏み出せないでいる画家の一人です。ルドンの描く不可思議な世界を意識しつつ、その全貌を今まで知らずにきたので、今回は展覧会を含めてオディロン・ルドンその人に迫ってみたいと思います。通勤の僅かな時間を楽しみにしたいと思います。

関連する投稿

  • 橫浜の「エッシャー展」 既に終わってしまった展覧会の感想を述べるのは恐縮ですが、旧知の作品が多い有名な版画家の印象を改めて書きたいと思いました。オランダ人版画家M・C・エッシャーの作品を、私がいつ頃知ったか今も鮮烈に覚えて […]
  • 「余白の芸術」を読み始める 「余白の芸術」(李禹煥著 みすず書房)を読み始めました。かなり前に購入してあった書籍ですが、今回初めて読みます。実は「枯山水」(重森三鈴著 […]
  • 「種村李弘の眼 迷宮の美術家たち」展 先日、東京の西高島平にある板橋区立美術館に行き、表記の展覧会を見てきました。故人である種村季弘は、私が滞欧中に親しんだウィーン幻想絵画を取り挙げた文学者で、深層心理に働きかけをするドイツ・オーストリ […]
  • 「現な像」読み始める 「現な像」(杉本博司著 […]
  • 週末 制作&ボイス鑑賞 今日は朝のうちに陶彫の成形や彫り込み加飾を行い、午後2時に工房を出て、車で一路横須賀に向かいました。現代美術の巨匠ヨーゼフ・ボイスの展覧会が明日までと知って、急遽カスヤの森現代美術館へと行ったのでし […]

Comments are closed.