週末 陶彫の難しさ実感

今日は朝から夕方まで工房に篭って制作三昧でした。今日は新作陶彫の成形を行っていましたが、改めて成形の難しさを実感しました。陶芸は電動ロクロの技術に熟練を要します。何度も同じものを作っていくうちに手馴れしてきて上達していくのが工芸家としての修練ですが、新しい世界を求めれば、技術的な困難にぶつかるのは工芸も彫刻と同じです。陶彫は作るたびに困難にぶつかります。イメージを優先するばかりに陶土で成形するカタチに無理が生じるのです。塊の内部が空洞でなければならないために生じる陶彫の難しさは、陶芸や塑造彫刻に見られない難しさです。空洞の体積が大きいと乾燥や焼成で歪みやヒビ割れの原因になります。陶土の壁で内部を仕切る必要があるのです。骨格となる壁を作り、周囲を板状の陶土で覆っていくのです。連結の部分は紐作りで補っていきます。今日は暑い一日で、汗を滴らせながら制作をしていました。また来週末に制作の続きを行います。

関連する投稿

  • 週末 陶彫制作に没頭 今日は週末なので朝から工房にいました。ただし、この1週間は仕事から帰ると工房に出かけ、2時間程度制作をやっていました。日によっては1時間が限界という時もありました。その制作の流れのまま週末を迎え、今 […]
  • 週末 イメージの昇華 新作のための陶彫部品を作り始めました。昨日と違ってほんの少しばかり気温が低いのが救いでした。美大生ら3名の子たちもそれぞれの制作に勤しみ、相変わらず工房に真剣な空気が流れていました。自分の作っている […]
  • 週末 新作の土練り開始 昨日、土錬機の分解掃除をしたので、今日はさっそく新作用の土を練りました。やはり土はいいなぁと思いました。自分には陶彫が合っていると感じます。イメージも崩れかけた幾何形体のようなものが出てきています。 […]
  • 週末 加飾に明け暮れる 昨日成形したドーム型陶彫部品に今日は朝から加飾を行いました。彫り込みを入れたり、穴を空けたりする作業をやっていると、これが作品化する上で一番面白みがある作業ではないかと思えます。生乾きの陶土の上に針 […]
  • 陶彫成形に関する雑感 新作屏風を作り始めて感じたことを書きます。NOTE(ブログ)はHPとして公開していますが、それを承知で自分のメモで使っていることが結構あります。今回は制作の裏事情ですが、自分の備忘録として記そうと考 […]

Comments are closed.