ドイツ在住の旧友来たる

自分は20代の頃、オーストリアの首都ウィーンに住んでいました。同地の国立美術アカデミーに通って、最初は版画科に、次に塑造科に移ってレリーフを学んでいました。今思えば素晴らしい環境に身を置いていたことに幸せを感じますが、当時はわからないドイツ語や創作上の悩みを抱えていて、環境を楽しめる心の余裕はありませんでした。そんな時に大学の先輩夫妻がやってきて、同地で交遊し、国立歌劇場でのオペラ鑑賞を一緒に楽しんだのでした。私は1985年に帰国しましたが、先輩はドイツに移住して博報堂で仕事をしていました。先日ドイツからEメールが突然届いて驚かされましたが、一時帰国した先輩と横浜中華街で会うことになりました。話はもっぱらヨーロッパのことになり、当時の空気に浸りました。美術や音楽に心酔していたあの頃を振り返ると、帰国してから公務員になった自分は忙しさを言い訳にして、やり残していることがあると思います。定年を迎えたら、あの頃に戻って、そこからもうひとつの人生をやり直したいと思うようになりました。再出発はやはりヨーロッパの地を選びたいと考えています。

関連する投稿

  • 西欧の古都に思いを馳せる 最近テレビのBS番組で、海外の街の様子を紹介する番組が数多くあります。自分も1980年から85年までの5年間をドイツ・オーストリアで過ごしているので、西欧の古都には特別な思いがあります。煉瓦や石で構 […]
  • 散策から学ぶこと 先日ドイツから届いた電子メール。それで思い出したことが数々あります。ドイツに住んでいる先輩も当時が懐かしいと言っていますが、自分も同感です。先輩夫妻が来る前から自分は単身でオーストリアにいて、慣れな […]
  • 自分の中の音楽環境 過去のブログを読むと、音楽について書いている時期があります。自分の生育歴は音楽環境に乏しく、それでも両親は私と妹をピアノ教室に通わせていました。私は忽ち頓挫してしまい、それきり楽器演奏をやる機会を失 […]
  • 「タンホイザー」の精神性 ウィーンに住んでいた20数年前に、いったいどのくらいオペラを観たのか定かではありません。夕闇迫る頃になると決まって立見席の列に並んでいました。ドイツを代表する作曲家ワーグナーのオペラは、耳に心地よい […]
  • 「アイーダ」の凱旋シーン ハリウッド黄金期の映画「十戒」や「クレオパトラ」を彷彿とさせるのが、ベルデイ作曲のイタリア歌劇「アイーダ」です。「アイーダ」の方が制作年代が古いので、ハリウッド映画の方が影響を受けているのかもしれま […]

Comments are closed.