楽しかった「空想の建築」展

このところ美術展によく出かけています。感想の機会を改めて持つと断言しているので、最近出かけた順番に展覧会の感想をアップしていきます。まず、連休中に出かけた町田市立国際版画美術館。同館で開催していた「空想の建築」展は自分にとっては大変有意義で、また楽しい展覧会でした。中世の画家ピラネージの細密な建築版画と、粗いタッチが空間を縦横無尽に走る「牢獄」シリーズがもう一度見たくて訪れましたが、現代の版画家であるエリック・デマジエールの室内を描いた版画にも魅了されました。ちょうど来年に向けてバベルの塔のような建築形態を陶彫で作ろうと決めていたところだったので、版画家のイメージが作り出す不可思議な建築物とその構図や独特な視点に自分が取り巻かれる感覚を持ちました。エリック・デマジエールの建築形態のひとつひとつのディテールが自分の感性の襞に触れて、自分が立体として甦らせたい衝動にも駆られました。日本人芸術家では、製図のような技法で近未来の風景を描く野又穣氏や、建築雛型もしくは機械製品にも見えるボックスアートを作っているコイズミアヤ氏の作品にも感銘を受けました。コイズミ氏の作品は、折しもこの時ボックスアートの巨匠コーネルの伝記を読んでいたところだったので、その関連として興味関心を持ちました。

関連する投稿

  • 「無名性の錬金術師」を読んで 昨日に引き続き、種村季弘著「断片からの世界」に収められている美術評論で、今回はE・フックスに関するものです。ウィーン幻想派画家として国際的な名声をもつフックスは、ウィーンの多く画廊で銅版画を展示して […]
  • 「パウル・クレー 東洋への夢」 表題の展覧会は、静岡県立美術館で開催されているもので、知人からチケットをいただいたので行ってきました。クレーはたびたびブログに書いている画家で、この巨匠に関する興味はずっと尽きません。自分は20代前 […]
  • カサット絵画におけるジャポニズム 19世紀から20世紀にかけてパリで印象派が活気を呈していた時代に、日本の浮世絵等がヨーロッパで紹介され、その画面の構成や色彩の象徴化に感銘を受けた芸術家が多かったのは美術史が示すところです。横浜美術 […]
  • 連休前に思う今夏のあれこれ 明日から三連休。その後も職場は夏季休業を取る人が増えてきます。8月の盆の休暇を前に、ぼちぼち夏の計画を立てる職場の人が多く見られます。自分も管理職といえども夏季休業は取ろうと思います。今夏の予定は、 […]
  • 木版画に対する思い 年齢とともに表現や思考が変化することは、自分もよくわかっています。現在は自分が20代の頃に目指した方向とまるで違う表現に変化していて、当時を振り返ることはなくなりました。先日出かけた横浜美術館の「魅 […]

Comments are closed.