週末 具象・象徴絵画を堪能

今日は朝から家内と東京の美術館巡りを予定していましたが、昨日新作の陶彫部品の成形が終わらなかったため、朝6時に工房に行って成形をやっていました。何とか目途が立ち、9時半に家内と東京に出かけました。横浜駅から湘南新宿ラインに乗って池袋駅まで行き、西武池袋線に乗り換えて練馬区立美術館へ。同館で開催中の「牧野邦夫展」はレンブラントを師と仰いだ画家が、驚くべき集中力と描写力で描き上げた絵画でした。「写実の精髄」という副題がついていましたが、まさに61歳で他界するまで果敢に挑み続けた具象の極みに感銘を受けました。詳しい感想は機会を改めます。次に向かったのは新宿駅にある損保ジャパン東郷青児美術館で開催中の「オディロン・ルドン展」。ルドンは象徴主義の画家で、お馴染みのモノクロの幻想性に加えて、独特な色感をもつ絵画が展示されていました。これも感想は改めます。次に向かったのは渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「アントニオ・ロペス展」。ロペスはスペインを代表する具象絵画の巨匠で、人体について彫塑を媒体に研究することで絵画性を高めていたことが今回の展示を通して解りました。代表作である都市風景の俯瞰的な視点とその描写力に裏打ちされた巨大な絵画は、今回の出品作の中でも圧倒的な存在感を持っていました。これも感想は後日。最後に訪れたのは工房スタッフのグループ展で、上野毛駅前のダイニングバーが会場でした。先日まで工房で取り組んでいた油絵を含めた数点の絵画を展示していました。3巨匠の具象・象徴絵画を堪能した後でしたが、若いスタッフはまだ自己表現のスタートラインに立ったばかり、これからの精進に期待したいところです。

関連する投稿

  • 六本木の「オルセー美術館展」 先日、自分の個展開催中に東京六本木まで行って、国立新美術館で開催している「オルセー美術館展」を見てきました。同展は連日賑わっているようで、館内は多くの人たちが名作の前で熱心に鑑賞していました。思えば […]
  • ミュシャ「スラブ叙事詩」習作 もう会期は過ぎてしまいましたが、今月16日に訪れた六本木ヒルズ森アーツセンターでの「ミュシャ展」。大変混雑していてチェコの画家アルフォンヌ・ミュシャの知名度の高さを窺い知ることが出来ました。展示され […]
  • 鬼気迫る「牧野邦夫展」 練馬区美術館は自分の住んでいる横浜から遠い場所にありますが、面白い企画展が多いので時々出かけています。現在開催中の「牧野邦夫展」はTV番組で知りましたが、その描写力に興味を持ちました。先日、同館に出 […]
  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 週末 6月になって… 今日から6月です。梅雨入りが発表され、鬱陶しい季節が到来していますが、湿度の高い季節が陶彫の成形には最適なのです。ゆっくり乾燥していくためヒビが入りにくく、また陶土も適度に水を含んでいるため彫り込み […]

Comments are closed.