5月RECORDは「響」

ポストカード大の平面作品RECORDは文字通り「記録」する目的で、一日1点の作品を作り続けています。7年目を迎え、作品数は2000点を超えています。日記と言うより現在はイメージの蓄積を目標としているので、その日の気分に左右されないように月ごとにテーマを決め、さらに5日間で構成が展開するようにしています。もう今月も中旬に差し掛かっていますが、5月のテーマを「響」にしました。「響」と言うと20世紀初頭に活躍した非対象絵画の巨匠カンディンスキーの作品が頭に浮かびます。カンディンスキーには「黄色い響き」という舞台作品があり、書籍によって脚本や演出等を知り得たことが自分の想像を逞しくさせ、自分なりのイメージを持つに至りました。実際の舞台を見ていないので何とも言えませんが、カンディンスキーの世界に没入してRECORD制作に取り掛かっています。とにかく今月も頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 怒涛図「男浪」「女浪」 何年か前に長野県小布施に行きました。確か麻績の池田宗弘先生宅にお邪魔した帰り道だったように思います。目的は葛飾北斎の足跡を辿ることで、小布施にある北斎館を見たかったのです。そこで感動をしたのは祭屋台 […]
  • 「The Klee Universe」 パウル・クレーの作品集を折に触れて眺めています。「The Klee […]
  • RECORDとP.クレー このところRECORD制作に熱が入っています。何か新しい表現をしているわけではなく、意識が変わったように思えます。契機になっているのは先日見に行った「パウル・クレー […]
  • 色彩感覚について考える 以前のNOTE(ブログ)に「色彩感覚とは何か?」という題名で書いた一文があります。学生時代より自分は色彩表現が苦手で、自分の作品が美しいと思ったことはありませんでした。絵画やグラフィックデザインを選 […]
  • 3月RECORDは「こわす」 芸術家として破壊と創造を繰り返したのは、有名な人物として20世紀の巨匠パブロ・ピカソが上げられます。ピカソの創作の現場を追ったドキュメンタリー映画を観たことがあり、そこで画面に展開する破壊のエネルギ […]

Comments are closed.