四連休 「地殻」誕生の日

今日からゴールデンウィーク後半の四連休です。今日は6日の図録撮影のための準備と作品の最終チェックに追われた一日でした。陶彫と彩色した木彫の色彩的調和と対峙、形態の結合と断絶、相反する要素が大きな世界観を形成してくれることを願いつつ、作品全体がひとつの緊張感を醸し出すことを図りました。果たしてどうでしょうか。作者は作品と近づきすぎて盲目的になっていることがあり、自問自答のうちに回答を見つけることができません。全ては個展で明らかになるわけですが、今のところ完成のラインをどこで引こうか思案している状態です。言うなれば現在目の前にあるのは産声を上げたばかりのまだ世間の目に触れていない作品です。今日は作品を見ながら細々とした作業にも時間を費やしました。ボルトナットの準備、印の貼り付け等々で、いよいよ「発掘~地殻~」がゴールを迎えました。

関連する投稿

  • 「混在」「場」の仕上げ作業 今日は朝から工房に篭って、明後日に控えた図録撮影のために「発掘~混在~」と「発掘~場~」の仕上げを行いました。「場」は油性塗料を使って裏面の塗装を行いました。「場」は陶彫部品3点を組み合わせるので、 […]
  • 大型連休に向けて 公務員は暦通りの休日になるので、3連休のあと一日仕事に行って、また3連休といった飛び石連休になります。新作は5月8日(日)の図録用撮影日に向けて、大型連休をフルに使って仕上げに入ります。連休中は基本 […]
  • 窯に委ねる時間 夜になって帰宅してから工房に行きました。窯出しと窯入れをするためです。自分が20年近くやっている陶彫は、最終工程で窯に入れて焼成をします。それによって作品が変化し、自分の手を離れて素材が凝縮していく […]
  • ギャラリー「構築~楼閣~」アップ 私のホームページにひとつの作品を物語風にアレンジしたフォルダがあります。ギャラリーと名づけていて過去制作した作品を見ることができます。ギャラリーは部分から全体に展開する方法をとっていたり、暗黒の画面 […]
  • 相原工房の写真 7月にある個展の図録に、相原工房の内部写真を入れています。見開きで作品2点を配置したところを撮影しています。夕方の光が差し込む美しい写真に仕上がっています。工房は倉庫建築なので余分なものがなく、洒落 […]

Comments are closed.