新作は崩れた塔

先月の制作追い込みの大変な時に次なる作品のイメージが浮かびました。これはいつものことで気持ちが追い詰められている時ほど発想が豊かになるのかもしれません。今回は中世のフランドルの画家P・ブリューゲル作「バベルの塔」が発想の源泉となり、崩れた塔を陶彫の集合体で作ろうと思います。まだ雑駁なイメージしか思い浮かびませんが、円錐状に構築された彫刻が頭にあります。大きな円錐をどう作るのか、技巧的な問題は多々ありますが、いつものようにイメージを優先していきたいと思います。P・ブリューゲルは自分が20代の頃にウィーンの美術館で見て以来、頭から離れられない画家になりました。「バベルの塔」はブリューゲル作品群のなかでもとりわけ好きな作品です。そんなことが次作のイメージに結びついたのかもしれません。塔は不完全なまま風景の中に放置されていますが、天に届けとばかりに聳え立った建造物です。旧約聖書によれば崩壊は神の仕業となっていますが、自分は宗教性よりも、より大きな造形空間を得るために欠損した塔を作ることにしました。完璧な完成形には行き場のない窮屈さがあります。発掘された古代の品々は、欠損を補う現代人の想像力が試されると同時に豊かな空間を感じさせてくれるのです。新作の塔も発掘品のような豊かな空間を創出したいと考えています。

関連する投稿

  • カール・コーラップの世界 ウィーン幻想派画家やフンデルトワッサーほど国際的な名声を得ていないので、カール・コーラップを日本で知ることはありませんでした。20数年前にウィーンにいた頃、コーラップのタブローや版画を多くの画廊が扱 […]
  • 映画「謎の天才画家ヒエロニムス・ボス」雑感 若い頃、ウィーンに居を構え、そこから夜行列車に乗り継いでスペインのマドリッドにあるプラド美術館に行ったことがあります。プラド美術館にはヒエロニムス・ボスの「快楽の園」があったはずですが、何ということ […]
  • 「触れ合う造形」読後感 「触れ合う造形」(佃堅輔著 […]
  • 「シーレの人形」新聞記事より 今朝、職場に届いていた日本経済新聞に興味のある記事が開催されていたので、NOTE(ブログ)で取り上げることにしました。人形作家宮崎郁子氏による記事で、前書きとして「1890年、ウィーン近郊に生まれた […]
  • 「第二の自我」エゴン・シーレ 現在読んでいる「絵の証言」(佃堅輔著 […]

Comments are closed.