2013印のデザイン

先日、和紙に押印したものを作品に貼りつけてサインの代替としている旨をNOTE(ブログ)に書きました。今年夏に発表する「発掘~地殻~」と「発掘~連築~」の印のデザインをしました。以前NOTE(ブログ)に書いたことがありますが、自分は書道に使う落款とは異なる自由な印を作っています。自分は印を抽象絵画のように考えていて、不思議な記号が登場するミロやクレーの作品に近いものを求めています。使う文字も篆書体や草書体をさらにアレンジして文字の態を成さないものに変えてしまいます。アルファベットも自由に使っています。今回は漢字とアルファベットを組み合わせて、さらに構成化して絵画的な印を作ろうとしています。文字の変形は楽しいと感じます。画面が迷路のようになり、小さな宇宙が生まれてきます。石を彫り、版を押す工程もあり、印はそれだけでひとつの作品に成り得ると思っています。

関連する投稿

  • 週末 新世代とともに… 5月になって若い子たちが工房にやってきました。美大の2年生とこれから社会人入試で美大を受験する子です。この子たちはアーティストの卵として、いずれ自分の表現を獲得してデビューする新世代の子たちです。工 […]
  • 新作の最終チェック やっと新作「構築〜起源〜」がほぼ完成しました。116本の杉材の柱の裏に押印して番号をつけた和紙を貼り、その番号と照らし合わせて土台の裏にも同じ押印の和紙を貼りました。これで搬入の際に、土台のどの穴に […]
  • 印のデザインを考える 新作には新しい印を彫って、それを押しています。とくにパーツで成り立つ集合彫刻では分解した時に、それぞれの作品のパーツがわからなくなる可能性があります。そこで新作には必ず新しい印を作って押すという習慣 […]
  • 新しい印を作り始める 陶彫による集合彫刻を作っていると、作品によっては同じような陶彫部品が複数出来上がってしまう場合があります。まして過去の作品と混同することだってあり得ます。この部品はどの作品の一部なのかを明確にするた […]
  • 新作最後の窯出し 陶彫による大きな作品を作っている自分は、いくつかの部品に分けた陶彫を何回も窯入れして、作品を組み立てていく方法をとっています。今回の新作「構築~瓦礫~」はそこに炙った杉材の柱を8本加えています。8本 […]

Comments are closed.