三連休 絵画的作業開始

新作「発掘~地殻~」は「発掘~鳥瞰~」「発掘~混在~」に続く三双屏風として展示する作品です。屏風の方法をとることで彫刻と言っておきながら、これは絵画かもしれないと思っています。作品は正面でしか観ることができず、裏には何もありません。半立体としての世界が即ち彫刻ですが、鑑賞視点からすれば絵画の領域になると考えます。油絵の具で色彩を施すため、ますます絵画性が強くなります。制作工程のほとんどが彫刻的作業に費やされているので、彫刻としての意識が強くなりがちですが、自分の作品は彫刻と絵画を併用した表現で、比重としては同じくらいと考えることにしました。今日から三連休で絵画的な作業を開始しました。今日は支持体作りが主な仕事で、ベースになる油絵の具を塗りました。畳6枚分の半立体の作品に塗る油絵の具の量はどのくらいになるのか、バケツの中で色彩を混合しながら、溶き油を入れて大きな刷毛で混ぜ合わせました。スタッフと家内と私の3人で塗り始めました。精魂こめた作業を続けること3時間、中腰になったり屈んだりしながら何とか支持体作りが終わりました。明日は上から絵の具を散らします。三連休は油絵の具と格闘してます。

関連する投稿

  • 三連休 大きな新作が佳境 昨日はいろいろな用事があって、制作時間が充分確保できず、その分を今日はやや長めの制作時間を取って、制作工程の辻褄を合わせました。午前9時から午後5時までの8時間、工房に篭っていました。昨日降った雪は […]
  • 制作&葉山の美術館へ 昨日に引き続き、今日も昨日と同じようなスケジュールの一日になりました。朝から工房で陶彫制作をやっていました。冬季休業の制作目標である陶彫部品8個の完成は、あと2個になり、今年中に達成できる見込みにな […]
  • 週末 制作&地域の賀詞交換会 公務員管理職になってから職場のある地域の賀詞交換会に出席するようになりました。ただし、私の職場と自宅が横浜市内の同じ区にあるので、私は職場の顔と同時に地域住民として参加しています。私の住む区は横浜市 […]
  • 多忙が懸念される3月に… 多忙が懸念される3月になりました。何といっても年度末です。ウィークディの仕事は今年度のまとめとして、全職員と面接をして、来年度人事の素案を考えなければならず、気忙しさはピークに達します。仕事に対する […]
  • 今年最初の夜の制作 三連休でやり残した作業を、今晩仕事から帰宅した後、工房でやりました。1時間程度なら寒くても作業が出来ると判断して、暗い夜道を工房に向かいました。工房に着いて作業を始めると、工房に棲みついている魔物に […]

Comments are closed.