三連休 絵画的作業開始

新作「発掘~地殻~」は「発掘~鳥瞰~」「発掘~混在~」に続く三双屏風として展示する作品です。屏風の方法をとることで彫刻と言っておきながら、これは絵画かもしれないと思っています。作品は正面でしか観ることができず、裏には何もありません。半立体としての世界が即ち彫刻ですが、鑑賞視点からすれば絵画の領域になると考えます。油絵の具で色彩を施すため、ますます絵画性が強くなります。制作工程のほとんどが彫刻的作業に費やされているので、彫刻としての意識が強くなりがちですが、自分の作品は彫刻と絵画を併用した表現で、比重としては同じくらいと考えることにしました。今日から三連休で絵画的な作業を開始しました。今日は支持体作りが主な仕事で、ベースになる油絵の具を塗りました。畳6枚分の半立体の作品に塗る油絵の具の量はどのくらいになるのか、バケツの中で色彩を混合しながら、溶き油を入れて大きな刷毛で混ぜ合わせました。スタッフと家内と私の3人で塗り始めました。精魂こめた作業を続けること3時間、中腰になったり屈んだりしながら何とか支持体作りが終わりました。明日は上から絵の具を散らします。三連休は油絵の具と格闘してます。

関連する投稿

  • 三連休 美術館&成形作業 三連休の中日です。今日も鑑賞と作業の二本立ての一日になりました。午前中は東京六本木の国立新美術館に家内と出かけ、自由美術展に出品されている池田宗弘先生の彫刻作品を見てきました。思えば師匠の池田先生に […]
  • 2月RECORDは「うめる」 今年のRECORDはひらがな3文字のテーマを考えて作るようにしています。今月は「うめる」にしました。「うめる」を漢字で示せば「埋める」で、埋葬や埋没がイメージされてきます。小動物が森の中で夏の間に食 […]
  • 2年目の再任用管理職 平成29年度が始まりました。私は現在の職場に残留することになり、2年目の再任用管理職として業務を行います。今年度は職場の規模が多少大きくなり、職員が増えました。私たちは職員定数が決められていて、その […]
  • 17’の12月を迎えて 2017年もあと1ヵ月となりました。私にとって1年間の区切りは年が改まるこの時ではなく、職場では3月末の年度が改まる時であり、彫刻家としては個展が開催される7月に気持ちを入れ替えていきます。12月は […]
  • GW 「発掘~座景~」柱の木彫終わる 今日からゴールデンウィークの5連休が始まりました。初日である今日は「発掘~座景~」のテーブルを支える柱の木彫を終えました。「発掘~座景~」はテーブル彫刻です。そのテーブルを支える柱は16本あります。 […]

Comments are closed.