サイン代替の印について

新作の完成にはサインをして作品がオリジナルであることを証明します。版画ではエディション番号とサインでオリジナルであることを示しています。最近では空間を変容させるインスタレーションがあったり、市場に出せない状況の作品もあって、作品にサインができないものも多くあります。自分の陶彫作品は印を和紙に押して、それを作品の裏側に貼りつけてサインの代替としています。印は新作ごとに新しく彫ります。理由は作品が40個もある集合彫刻のため部品をバラバラにすると新作と旧作の区別がつかなくなる可能性があるからです。印には番号を付けています。番号通りに組み立てていけば集合彫刻が出来上がります。今回も「発掘~地殻~」と「発掘~連築~」の印を作らなくてはなりません。どんなものを作るかは機会を改めますが、そろそろデザインを考える時期に来ています。

関連する投稿

  • 印のデザインを考える 新作には新しい印を彫って、それを押しています。とくにパーツで成り立つ集合彫刻では分解した時に、それぞれの作品のパーツがわからなくなる可能性があります。そこで新作には必ず新しい印を作って押すという習慣 […]
  • 2018年版 印章のデザイン 毎年、印用の石材に自分の氏名を彫っています。今年は2点作る予定です。どうして新しい印章を作り続けているのか、私がずっと取り組んでいる陶彫による集合彫刻にその理由があります。今年は7月の個展で発表する […]
  • 見えない落款 個展に出品する「発掘〜遺構〜」のテーブルを支える柱48本。何とか補強も終わり、明日から梱包作業に入れることになりました。この48本の作品にもサインが必要と考えて、和紙に落款を押し、番号をつけて貼る方 […]
  • 氏名文字の再構成 今制作中の彫刻作品に貼る印の下書きに入りました。今回は縦4センチ、横5センチの横長特大版です。石がこれだけ大きいと印床に収まらず、手で押さえて印刀を入れることになりそうです。氏名は篆書や草書ではなく […]
  • 篆刻の小宇宙 彫刻の新作を作るたびに篆刻を和紙に押印して作品の裏に貼り付けています。いわばサインの代わりです。自作のほとんどが集合彫刻なので、パーツすべてに押印しています。新作ごとに印を彫るので毎年増えていきます […]

Comments are closed.