引き籠りの創作世界

旅行はせず自宅の地下室に籠って創作活動を展開したジョセフ・コーネル。近隣を散策し、書籍を漁ってはあらゆるものを収集し、それによって空想の旅に出ることが、即ち創作行為に結びついていた孤独な造形作家に自分は共感を覚えます。自分は引き籠りではありませんが、それは社会的立場ゆえに人と交わらなければならない仕事があるからであって、本来持っている自分の素質はどんなものか自分でもよく分かっていません。ひょっとして社交的に振舞っているに過ぎないのではないかと思うこともあります。中高生の時代にズル休みをして、ゴロ寝をしながら窓から空に浮かんだ雲の行方を追った記憶があります。他愛のない日常を記憶しているのは何故なのか、自分は内向きに生きたい願望があるのかもしれません。週末を過ごす工房も引き籠りの創作世界に浸っているとも言えます。外部の情報を遮断し、自分の中の想像世界を逞しく育てて、時間や空間を飛び越えていく理想に自分を重ね合わせると、創作の糸口が掴めるような気がします。仕事が始まる月曜日は全てをリセットしなければならず、引き篭りの創造世界から抜け出てこなければ職場に足が向かないのです。二束の草鞋生活で気持ちの転換が上手くできるようになっていますが、時折これは自分に無理を強いているように思えてならないのです。

関連する投稿

  • 「濱田庄司スタイル」展 先日、自分の個展の最終日にギャラリーが開く時間より少々早く汐留に行き、表題の展覧会を見てきました。陶芸家濱田庄司は馴染みのある作家です。毎年栃木県益子の陶器市を訪れているので、そこに居を構えた巨匠の […]
  • 今年も母校の芸祭訪問 芸祭(ゲイサイ)というと、何とも独特な響きと雰囲気が自分にはあります。相原工房に出入りしているスタッフが、自分の母校で学んでいるおかげで、今年も母校の芸祭(学園祭)に行きました。創作活動またはモノ作 […]
  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]
  • 長野県の師匠宅へ 今日は一日夏季休暇を取って、長野県の麻績に住んでいる彫刻家池田宗弘先生宅に出かけました。毎年夏の恒例行事になっている先生の工房訪問ですが、聞くところによると池田先生は南米ペルーに1ヶ月滞在されて、体 […]
  • 休日出勤日に思うこと 今日は休日出勤日です。月曜日と差し替えて仕事を行いました。私の職場では年間1回土曜日を出勤日にしています。他の職場ではさらに多く休日出勤をしているところもあります。仕事の性格上、年間1回は休日に出勤 […]

Comments are closed.