出会いと別れの夕べ

昨晩は区単位での管理職の集まりがあり、新たなメンバーを加えて歓迎会を行いました。私たちの職場は不祥事等の新聞報道に多大な影響を受ける職場ゆえに、管理職同士が相談し合える関係作りが必要なのです。お互いの気持ちを出しあうことで、日頃の精神的負担は軽減されると思っています。今晩は職場の歓送迎会でした。今まで難しかった場面で粘り強く運営を支えてくれた離任職員に敬意を払い、積もる話を聞く機会を持ちました。また、今年度から新たに加わった職員とは、今まで通り組織的な対応が図れるように気持ちの共有をしました。勤務時間外のこうした会は不可欠なものです。歓送迎会が毎年ある度に、出会いと別れを噛み締め、新たな一歩を踏み出す時でもあります。また1年間、頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 生涯学習としての芸術活動 生涯学習とは何か、昭和56年の中央教育審議会答申を紐解けば「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を […]
  • 「夏休み」気分になって… 今年の個展が終わり、私の気分としては「夏休み」になりつつあります。「夏休み」というのはとても響きの良いコトバだなぁと思っています。小学校、中学校、高校と夏休みを経験し、私もそれぞれ思い出を残してきて […]
  • 島根県へ③ 出雲大社参拝 島根県観光も今日が最終日。島根県でどうしても欠かすことが出来ない場所が出雲大社です。私は伊勢神宮には数回訪れているのに出雲大社は初めてでした。やはり横浜からすれば出雲大社が遠方にあるというのが、なか […]
  • ドキュメンタリー番組で知る闇の世界 昨日、職場に送られてきている朝日新聞のテレビ欄の記事に注目しました。衛星放送で「馬三家からの手紙」を放映するというもので、その内容に戦慄を覚えました。私は中国の労働教養所の存在を知らず、21世紀にな […]
  • 週末 休息を入れながら制作再開 昨日までの一週間は島根県や山形県に出かけていて、楽しかった分、疲労も溜まりました。今朝は飼い猫のトラ吉を預けた近隣にある動物病院へ行きました。そこはホテルを兼ねていて、大変重宝しているのです。果たし […]

Comments are closed.