出会いと別れの夕べ

昨晩は区単位での管理職の集まりがあり、新たなメンバーを加えて歓迎会を行いました。私たちの職場は不祥事等の新聞報道に多大な影響を受ける職場ゆえに、管理職同士が相談し合える関係作りが必要なのです。お互いの気持ちを出しあうことで、日頃の精神的負担は軽減されると思っています。今晩は職場の歓送迎会でした。今まで難しかった場面で粘り強く運営を支えてくれた離任職員に敬意を払い、積もる話を聞く機会を持ちました。また、今年度から新たに加わった職員とは、今まで通り組織的な対応が図れるように気持ちの共有をしました。勤務時間外のこうした会は不可欠なものです。歓送迎会が毎年ある度に、出会いと別れを噛み締め、新たな一歩を踏み出す時でもあります。また1年間、頑張っていこうと思います。

関連する投稿

  • 三連休 陶彫成形「根」の完成 三連休の中日です。朝から工房で陶彫制作に明け暮れました。昨年暮れの休庁期間に立てた制作目標である陶彫の「根」部分16個の完成は、何とか今日出来上がりました。と言っても彫り込み加飾は明日行うので、実際 […]
  • 三連休に休庁期間のことを考える 12月29日から1月3日までの6日間が休庁期間となり、この時期は年越しで気持が改まる時でもあります。職場では地方に郷里があれば実家に帰る職員もいます。私は横浜生まれの横浜育ちなので、里帰りに縁があり […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]
  • 大雪に見舞われた一日 豪雪地帯では日常茶飯な降雪ですが、首都圏では交通が乱れ、帰宅困難になる人が大勢出てしまいます。私の職場でも、降り積もる雪を見ながら、昼食時に全職員に集まっていただき、今日は定刻で帰ることを決めました […]
  • クリスマスには映画鑑賞を… 職場で独自設定した三連休の最終日です。今日はクリスマスです。明治維新以降、我が国は欧米に政治経済や文化まで見習い、貪欲に吸収していくうちに、西欧の宗教も呑み込んで、その異国情緒を伴う宗教感に憧れを持 […]

Comments are closed.