「ダンス」の「跳」的イメージ

今月のRECORDのテーマを「跳」にしています。新年度が始まる4月に相応しいと思い、気分が昂揚する「跳」を選びました。「跳」的イメージはオリンピックの高跳びや動物の跳躍を思いつきましたが、古今東西の美術作品としてはマチスの描いた「ダンス」かなぁと思っています。それは複数の人物が輪舞する象徴的な絵画で、一度見ればその姿態が目に焼きついて忘れられなくなる作品です。自分も「ダンス」に倣って、人物が舞い踊る様子をRECORDに描いてみようと思い立ちました。なかなかマチスの束縛から離れられない構成になりましたが、人物の姿態を自分なりに単純化し、「跳」的なイメージになるように工夫をしてみました。まず人物の具象デッサンを段階を踏んで単純化していきました。その途中経過もRECORDに描き入れました。有彩色を使うと、それこそマチスの亜流になってしまうので、灰色とシルバーを使いました。

関連する投稿

  • 色彩感覚について考える 以前のNOTE(ブログ)に「色彩感覚とは何か?」という題名で書いた一文があります。学生時代より自分は色彩表現が苦手で、自分の作品が美しいと思ったことはありませんでした。絵画やグラフィックデザインを選 […]
  • RECORDとP.クレー このところRECORD制作に熱が入っています。何か新しい表現をしているわけではなく、意識が変わったように思えます。契機になっているのは先日見に行った「パウル・クレー […]
  • 9月RECORDは「渦」 今月のRECORDのテーマを「渦」にしました。渦巻紋や直弧紋のことを先日来よくNOTE(ブログ)にアップしていますが、実際に図版資料をもとにキュビズム紋と言われる直弧紋を自分なりに試みてみたい意欲に […]
  • 「The Klee Universe」 パウル・クレーの作品集を折に触れて眺めています。「The Klee […]
  • 怒涛図「男浪」「女浪」 何年か前に長野県小布施に行きました。確か麻績の池田宗弘先生宅にお邪魔した帰り道だったように思います。目的は葛飾北斎の足跡を辿ることで、小布施にある北斎館を見たかったのです。そこで感動をしたのは祭屋台 […]

Comments are closed.