4月 新年度開始の日

4月になりました。職場は新年度を迎えました。4月は出会いと別れの季節です。自分も今の職場に昨年4月に赴任してきました。月日が経つのは早いもので、あれからもう1年が過ぎたとは考えられません。2年目の職場ともなれば、すっかり慣れているので気持ちの負担は軽く、僅かながら余裕もあります。創作活動の方は逆に余裕がありません。昨日も突然思い立って千葉の美術館に出かけてしまったので、今月の作業は時間的に一層厳しいものになります。目標としては「発掘~地殻~」の木彫の仕上げ彫りの完成、油絵の具による塗装、そして屏風に仕立てるため厚板に木彫を接着する作業もあります。ただ、「発掘~連築~」や陶紋シリーズが既に完成しているので、そこが救いと言えます。職場では毎年この時期に限って書類作成に忙殺されてしまいますが、制作の方も前述した通りの有様で、今月は二足の草鞋双方が山場を迎える1ヶ月になりそうです。

関連する投稿

  • 三連休 遅々として進まぬ木彫 今日から三連休は制作三昧で過ごす予定です。ところが今日は木彫の柱の仕上げが遅々として進まず、調子が出ませんでした。ウィークディの公務が影響して、切り替えが出来ないためです。二束の草鞋を履いて、ずっと […]
  • 謹労感謝の日に寄せて 祝日法では「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」日と言うのが勤労感謝の日です。だから今日は通常の勤務を要さない日ですが、職場ではやらなくてはならない仕事を抱えて休みが取れない職員が結構いま […]
  • 今年は健康を願う NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、昨年のこの時期に風邪をひいて喉に違和感があったようです。昨年の今頃は「発掘~混在~」の箱作りが始まっていて、週末は厚板に一所懸命彫り込みをしていました。喉 […]
  • 創作活動の連帯感 自分が大学で彫刻を学んでいる時は、同じ志を持った多くの仲間がいました。当時は仲間の習作に刺激を与えられ影響も受けました。大学卒業とともにそうした環境が失われ、その後は自分一人で制作する日々が続いてい […]
  • 週末 制作と散策 今日は新作屏風の木彫部分の制作に朝から取りかかっていました。全体を見ながらの作業はなかなか骨の折れる仕事です。最初のイメージを思い出しながら表現したい意図をどうしたら伝えられるかを考えていました。次 […]

Comments are closed.