創造行為を考える

作品のイメージが湧く時や場面を思い起こしてみると、スポーツ等をやっていてテキパキと身体を動かしている時には、自分はなかなか創作イメージは出てきません。個人差もあるのでしょうが、技術的な作業をしている時も、スポーツの時と同じように思えます。土台に創作イメージがあっても、土を練ったり木を彫ったり、あるいは絵画でも平塗で色彩を施している時は、単なる作業であって創造行為とは違う頭脳の使い方をしていると思えます。彫刻の場合は創造行為から発し、職人的作業を経てカタチになっていくものがあり、創造的ではない仕事が大半を占める場合があります。創造行為は自分の全感覚を集中させて、頭で描いたイメージと眼の前にある具現化されたモノを行き来して決断を下しています。その決断を常に行うのが理想ですが、自作の場合は職人的作業が介在するため、暫し全体を眺めて創造行為に戻ることが出来ない場面があります。制作工程に時間がかかる媒体なので、自分自身で作業を行う以上仕方がない面もありますが、創造的ではない作業を進めていく上でイメージ通りにいかず、今までの作業が徒労に終わることもあります。最近は痛い目に合わないために用意周到になり、失敗も少なくなったことが挙げられますが、併せて冒険も少なくなったように感じています。

関連する投稿

  • 三連休 制作&映画鑑賞 月曜日に成人の日があるため、今日から三連休が始まります。正月の休庁期間が明けて、2日間職場に出勤して、またこの三連休は、創作活動をする者にとっては嬉しい限りです。休庁期間にやり残した制作を続行するた […]
  • いつものように夜の工房通い 7月個展を控えた新作は、今までになく手間がかかっています。週末だけではやりきれず、ウィークディの夜の時間帯に工房で制作をしています。今晩も工房に行きました。乾燥した陶彫部品にヤスリをかけました。これ […]
  • 台湾から帰って… 昨晩のうちに台湾の桃園国際空港を飛び立ち、機内で夜を過ごして、今朝漸く羽田空港に到着しました。自宅近くまで行くバスがまだ運行していなかったので、羽田空港のロビーで夜が明けるまで過ごすことになりました […]
  • GWをどう過ごすか? 明日からゴールデンウィークが始まります。私たちの職種は暦通りの休みしか取れませんので、ゴールデンウィーク前半が三連休、後半が四連休になります。今年のゴールデンウィークは、6月初めに予定されている図録 […]
  • 何故奇想に惹かれるのか 私は創作活動を人生の中心に据えているためか、常識の範疇を超えたものに関心があります。一般的な非常識という意味ではなくて、人にとって不可視なもの、想像の世界に属するものに興味関心があるのです。そこをナ […]

Comments are closed.