自然の流れに逆らわず…

いつの頃からか自分の信条としていることがあります。「死生は命なり」という論語がありますが、それに近いものです。ただ天の与える寿命と言っても、自分は長く生きて芸術家生活を謳歌したいと望んでいて、そのために常日頃から心に固く信じていることがあるのです。自分の周囲には羨むような存在がいて、若い頃から夢を実現していく運と実力を備えている人物がいました。過去形で語る理由は、その人物は幸せの絶頂と思えた時期に不慮の事故に遭い、帰らぬ人となったからです。かつての職場にも力量のある人が、その力量ゆえに無理して身体に負担をかけて入院する事態になったことがあります。別の人は、ひょんなことから財力を手にして身辺の幅を広げ、逆に大切な人を失いました。これはどうしたものだろうと思っていて、人は何か自然ではない動きをすると無理が祟るのではないかと自分は感じるようになりました。これは根拠のある考えではなく、もちろん宗教でもないのですが、自分は現在自身がしていることが自然の流れに逆らわずにいるのかどうかを常に考えるようになりました。親しい友人にこんな話をして失笑されたこともありましたが、自然の流れをいつも意識している自分がいます。無理せず、自分に見合った生活環境であるのかどうか、分相応なことをしているかどうか、常に自分自身に問いかけをしているのです。

関連する投稿

  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 引き籠りの創作世界 旅行はせず自宅の地下室に籠って創作活動を展開したジョセフ・コーネル。近隣を散策し、書籍を漁ってはあらゆるものを収集し、それによって空想の旅に出ることが、即ち創作行為に結びついていた孤独な造形作家に自 […]
  • 終焉までの道のり 現在哲学書を読み耽っているので、こんなことをテーマにしたわけではありませんが、どんなに贖ってもどんなに嫌がっても人には必ず死が訪れます。死を終焉として意識するのは動物の中で唯一理性をもつ人間だけです […]
  • 2018年 元旦の風景 2018年になりました。新春のお慶びを申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。昨年も書きましたが、早朝、刻んだ餅と油揚げを半紙の上にひとつまみ置き、小さな稲荷の祠に供物として捧げることから、我 […]
  • 93歳の恩師からの手紙 私の中学校時代の恩師から手紙をいただきました。恩師は担任で美術科教諭だったので、美術が好きだった私は授業でも丁寧な指導支援をしていただいていました。絵画の授業で、水彩絵の具を思い切り画面に擦りつけて […]

Comments are closed.