久しぶりにスポーツ施設へ

背中の痛みが直ったので、昨晩久しぶりに近隣のスポーツ施設に出かけました。水泳をしてみると腹筋や背筋や腿あたりの筋肉が多少落ちていて、これはまずいなぁと思いました。水の抵抗が重く感じるのは明らかに身体が衰えている証拠です。脚のキックに比べると腕のリカバリは木彫のおかげか相変わらず楽にできています。改めてスポーツを日常生活に組み込んで、これからは週何回か施設に通いたいと思います。身体を保つバロメーターとして自分は水泳でチェックしています。習慣化することで体調を良くしようと考えているのです。スポーツによる疲労は多少ありますが、それよりも体力を保つことの方が重要です。加えて水泳は泳いでいる間、全てを忘れて没頭しているので精神面でも良いと思います。創作行為と同じように定期的に自分を取り戻してリセットする時間でもあるのです。

関連する投稿

  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • ビーフシチュー&鳥鍋のサービス このNOTE(ブログ)では職場について触れる機会が少ないのですが、職場で人間関係がうまくいくように私自身が仕掛けていることについて今日は書きたいと思います。職員はそれぞれ5日間の夏季休暇を来月末まで […]
  • 年度の折り返し地点 職場は4月初めから翌年の3月末までのサイクルで動いています。つまり年度で仕事の切り替えを行います。今日は年度のちょうど折り返し地点になり、上半期が終了したことになります。職場では特別に何か儀式がある […]
  • 平成30年度の式典イベント 私たちの業種は、年間に何回かイベントが予定されています。イベントは式典的なものと祝祭的なものに分かれます。察しのよい方は、私たちがどんな業種なのか分かっていられると思いますが、拡散を恐れて敢えて業種 […]
  • 日常と創作のバランス 現代美術はひと頃前と比べると社会生活に立脚している表現が増えてきました。震災以降、美術は何をすべきなのか、作家が自問自答している場面もありますが、美術作品が村おこしや単なるイベントに使われてしまう可 […]

Comments are closed.