「石壁サークル」への憧れ

昨日のNOTE(ブログ)にイサム・ノグチ庭園美術館について書きました。イサム・ノグチ庭園美術館は予約が必要だったため事前申し込みをして、家内と横浜駅から四国の高松まで高速バスに乗って行ったのを覚えています。随分昔のことで細かいことは忘れかけていますが、その日は高松市内のビジネスホテルに泊まり、翌日高松駅から琴平電鉄に揺られて、遥か海を見渡す八栗駅で下車しました。そこは石工の町で切り出された石が軒並み家の前に置かれていました。その状況を見てイサム・ノグチが移り住んだ理由がわかった気がしました。その日は小雨でした。数人の鑑賞者が待合室にいて、ガイドとともにイサム・ノグチ庭園美術館を見て回りました。自分が惹かれたのは「石壁サークル」と呼ばれる野外広場で、そこに立つと創作への意欲が見る見る湧き上がってきたのでした。サークル内に点在する制作途中の石彫群は、点と点を結ぶ緊張感を感じたと同時に、自分には心を解放させる快い空間も感じ取れて、生理現象として身体が緩んでいくのを覚えたのでした。そんな気分は初めてでした。生命が息吹き出す源泉と喩えるべきか、何とも言いようのない昂りが自分を捉えていました。

関連する投稿

  • 制作のない週末2日 今日は職場関係の用事があって午前中は出張していました。週末になっても2日間丸々は彫刻の制作に当てられないのです。おまけに午後も別の用事で工房には行けませんでした。明日も工房には行けません。ただし、明 […]
  • アトリエの再現 芸術家が作品を生み出す場所や周囲の環境に覗き見的な興味を私は持っています。学生の頃も大学の一角を使って、彫刻科の先生方が真摯に制作されている現場を垣間見て、自分の意欲を高めたりしていました。東村山市 […]
  • 長野県の師匠宅へ 今日は一日夏季休暇を取って、長野県の麻績に住んでいる彫刻家池田宗弘先生宅に出かけました。毎年夏の恒例行事になっている先生の工房訪問ですが、聞くところによると池田先生は南米ペルーに1ヶ月滞在されて、体 […]
  • 木彫「進化の過程」 朝日新聞の美術評によると「古い民家を思わせる木彫シリーズだが、今作では地虫のような形に。題名と合わせて見ると、はいつくばってでも前に進もうとする、作家の意思表明ともとれる。老いるにつれ、できること […]
  • 三連休 香川県高松へ 三連休の初日です。今日から家内と1泊2日で香川県高松へアートに触れる旅行に出かけることになりました。羽田空港発9時25分、ほぼ1時間程度で高松空港に到着しました。リムジンバスに乗ること40分、高松市 […]

Comments are closed.