イサム・ノグチ再々考

アメリカを代表する彫刻家イサム・ノグチは何度もNOTE(ブログ)で取り上げている自分の大好きな作家の一人です。香川県牟礼にあるイサム・ノグチ庭園美術館を訪れたのは何年前か忘れましたが、その印象は強烈に残っていて、自分の工房が持てた時にイサム・ノグチ庭園美術館の環境に少しでも近づきたいと思ったのでした。亡父の残してくれた植木畑を、彫刻が置かれる空間に変えて、大きな陶彫を設置したい意志は今もあります。自分が野外工房を作ったのもそのためです。自分の考えの基盤にイサム・ノグチありという訳です。イサム・ノグチに関する著作は英文以外は全て読んでいます。英文による原著も自宅の書棚にありますが、これはなかなか読む機会がありません。現在読んでいる「彫刻家との対話」(酒井忠康著 未知谷)にイサム・ノグチに関する論文があります。もともと自分は文献を読み漁っていたので、論文は全て旧知のこととして理解の範疇にあります。本書がイサム・ノグチの世界を再々考する機会を与えてくれたことに感謝です。

関連する投稿

  • 夏気分を惜しみながら… 今日で8月が終わります。月が変わることに郷愁を感じるのは夏の特徴かもしれません。開放感あふれる夏だからこそ流行り歌にもなり、移ろう夏気分を惜しむ情景になるのだと感じます。今月の創作活動を省みると、と […]
  • 2015年HP&NOTE総括 2015年の大晦日になりました。毎年恒例になっていますが、今年の総括をしてみたいと思います。今年の7月個展で発表したのは「発掘~群塔~」と「発掘~丘陵~」でした。陶彫部品の多さで毎年更新している最近 […]
  • 「聖別の芸術」を読み始める 「聖別の芸術」(柴辻政彦・米澤有恒著 […]
  • 17’の12月を迎えて 2017年もあと1ヵ月となりました。私にとって1年間の区切りは年が改まるこの時ではなく、職場では3月末の年度が改まる時であり、彫刻家としては個展が開催される7月に気持ちを入れ替えていきます。12月は […]
  • 10月制作成果とハロウィーンについて 今月の最終日になりました。新作の制作目標に掲げたテーブル彫刻の脚の設置では、背の高い方は手が着かず、背の低い方をやりました。設置時に工具が壊れたため残り1点が出来ていない状態ですが、自分なりに頑張っ […]

Comments are closed.