週末 若い世代とともに…

相原工房には週末になると、美大卒業生や現役美大生がやってきます。彼らを私は工房スタッフと言っていますが、私の作品を手伝う名目で、自らの課題をやっていることが多いのです。私は彼らに実際にある自作の手伝いではなく、別の面で助けられています。彼らだって週末ともなれば休みたい気持ちもあるのでしょうが、創作活動に取り組むため工房にやってきます。まだ創作が始まったばかりの若い世代なので、実験的な試行錯誤も多く、それぞれが自分探しをしています。それを見るにつけ、自分も今の制作に立ち止まっていられないと感じます。自分が助けられていると感じる時は、そうした彼らの悩みや希望を受け止め、自分も振り返ることが出来る瞬間なのです。意欲では自分も彼らに負けません。彼らが思索する創作への原点を、自分も忘れないようにしたいと思います。

関連する投稿

  • 休庁期間の始まり 毎年、休庁期間をどう過ごすのか、創作活動に没頭する中で制作目標を立てています。目標としては大きな陶彫の新作の床に這う根の部分の完成と、やや小さめの3点のテーブル彫刻のテーブル部分を作ることです。3点 […]
  • 週末 今月最後の制作日 早いもので1月がもう終わろうとしています。今日は1月最後の週末で一日中制作が出来るのは今日しかありません。週末土日のうち私は日曜日の方が気持ちよく制作が出来ます。土曜日はウィークディの疲れがあって身 […]
  • 週末 陶彫成形のやり直し 今日は朝から工房で制作に明け暮れました。スタッフは2人来ていて、それぞれの課題に向き合っていました。職場から絵を描きに来た職員も遅れて到着しました。今日の工房は賑やかでした。通常通りの制作風景でした […]
  • 夏の休庁期間の最終日 今年は職場で長い休庁期間を設定しました。私たち職員は週末以外は勤務を要する日でしたが、夏季休暇や年休が取得し易い環境を作ったのでした。管理職といえども私も長い休みを取らせていただきました。期間中は県 […]
  • 「発掘~座景~」追加陶彫16個終了 毎晩、工房に通って1時間から2時間くらい陶彫の制作を続けてきました。仕事から帰宅して夕食前に工房に出かける生活が習慣になってきました。夕食前の方が制作が進むのは、空腹を抱えていた方が創作活動には調子 […]

Comments are closed.