多忙な3月を迎えました

3月になりました。職場は年度末を迎え、多忙を極めます。毎年のことですが、この時期の公務員と彫刻家の二足の草鞋は大変厳しいものがあります。職場では年間のまとめに入り、各種報告書を作成するために監査を含めて四苦八苦の仕事が続きます。週末は「発掘~地殻~」の制作が佳境を迎えます。週末はどのくらいの時間が確保できるのか、僅かな時間を睨みながら木彫に励まなくてはなりません。時間があれば作る、時間を作ってでも作る、これを肝に銘じながら今月を乗り越えていきたいと思います。本来なら春麗らかな季節になり、花見に興じたい気分ですが、満開の桜を横目で流しながら仕事に右往左往している自分がいます。例年のことなので慣れてはいますが、定年まではこんな状況かなぁと思っています。ともかく健康に気遣いながら頑張っていきます。

関連する投稿

  • 人生の岐路を思う 自分のことは好きか嫌いか、単純な問いかけですが、答えは単純ではなさそうです。服を脱ぐように肉体を脱ぐという新聞掲載の詩人のコトバがありました。もしそうであるならば、肉体と魂を別物として考えると、私の […]
  • 週末 職員旅行から帰って… 昨夜、職場ではイベント終了時から皆で慰安を兼ねて箱根に旅行に出かけました。私は家の用事があるため、自分の自家用車を使って箱根に向かいましたが、職員は大型ワンボックスカーに乗って行きました。湯に浸かっ […]
  • やっと金曜日… 私自身の進退を問うヒアリングがあったり、関係者との深夜に及ぶ相談があったり、来年度の職員との人事面談が始まったりして、今週はなかなか密度の濃い1週間を過ごしていました。やっと金曜日になったという実感 […]
  • 2019年 創作活動の抱負 2019年になりました。新春のお慶びを申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。昨年もNOTE(ブログ)に書いた我が家の元旦の寸描ですが、朝のうち私は実家であった旧家屋に残る井戸2ヶ所と裏山にあ […]
  • クリスマスには映画鑑賞を… 職場で独自設定した三連休の最終日です。今日はクリスマスです。明治維新以降、我が国は欧米に政治経済や文化まで見習い、貪欲に吸収していくうちに、西欧の宗教も呑み込んで、その異国情緒を伴う宗教感に憧れを持 […]

Comments are closed.