工房にプロパンガス搬入

相原工房を建てた時に蛇口から湯が出るようにプロパンガスの設置をしていましたが、実際にプロパンガスの契約はしないで今までやってきました。ウィークディの夜の制作で手が悴むことが多く、先日業者と契約をして新しいプロパンガスを置いてもらいました。このところ夜の制作を続けていて、蛇口から湯が出ることで寒さから手が守られています。ストーブで手を暖めるより、湯で手を温める方が快適です。夜はほとんど手の感覚がなくなってしまうことが多く、足湯ならぬ手湯で回復を図りながら作業を続けています。工房は農業用倉庫として建てたものなので住居としては厳しい環境と言わざるを得ません。外から打ち付けた壁だけで断熱材も内装もありません。家庭用の大きめのストーブだけでは周辺しか暖かくならず、それでも首都圏に工房が持てる幸運を感じています。自宅では蛇口から湯が出るのが当たり前の生活になっていますが、工房では改めてその便利さに感謝しています。

関連する投稿

  • 週末 母の用事&映画鑑賞 2月最初の週末です。土曜日はウィークディの疲れがあって、一日中制作するには厳しいと考えています。先週も午後は「運慶展」や映画に出かけていました。今日は母が持っている賃貸住宅の青色申告を代行してもらう […]
  • 週末 市長選挙と新作準備 私は横浜市公務員管理職として仕事をしていますが、横浜市長が誰になるかは業務上大変重要なことです。私たちの業種がどういう方向に向かうのか、市政と密接に関わりがあります。とりわけ予算や人事面で厚遇をして […]
  • 週末 衆院選&陶彫成形 今日は衆議院選挙がありました。私は海外で暮らしていた数年間を除いて、ほとんど選挙には出かけています。両親は決して国政に興味があったとは思えないのですが、国民の務めとして選挙には行くべきだという真面目 […]
  • 社交性と内向性 社交性と内向性、自分はどちらかに偏っているとすれば、内向性だと思っています。公務員管理職としての立場があると、どうしても大勢の人の前で話をする機会や、情報交換等で人と交流する場面が多いのですが、私の […]
  • 三連休に休庁期間のことを考える 12月29日から1月3日までの6日間が休庁期間となり、この時期は年越しで気持が改まる時でもあります。職場では地方に郷里があれば実家に帰る職員もいます。私は横浜生まれの横浜育ちなので、里帰りに縁があり […]

Comments are closed.