工房にプロパンガス搬入

相原工房を建てた時に蛇口から湯が出るようにプロパンガスの設置をしていましたが、実際にプロパンガスの契約はしないで今までやってきました。ウィークディの夜の制作で手が悴むことが多く、先日業者と契約をして新しいプロパンガスを置いてもらいました。このところ夜の制作を続けていて、蛇口から湯が出ることで寒さから手が守られています。ストーブで手を暖めるより、湯で手を温める方が快適です。夜はほとんど手の感覚がなくなってしまうことが多く、足湯ならぬ手湯で回復を図りながら作業を続けています。工房は農業用倉庫として建てたものなので住居としては厳しい環境と言わざるを得ません。外から打ち付けた壁だけで断熱材も内装もありません。家庭用の大きめのストーブだけでは周辺しか暖かくならず、それでも首都圏に工房が持てる幸運を感じています。自宅では蛇口から湯が出るのが当たり前の生活になっていますが、工房では改めてその便利さに感謝しています。

関連する投稿

  • 2018年 元旦の風景 2018年になりました。新春のお慶びを申し上げます。今年もよろしくお願いいたします。昨年も書きましたが、早朝、刻んだ餅と油揚げを半紙の上にひとつまみ置き、小さな稲荷の祠に供物として捧げることから、我 […]
  • 気分転換を図る必要性 年度末から年度初めに変わるこの時期は、私に限らず職場の職員全体がストレスを感じる時期でもあります。私たちの異動は新聞で発表されるので、職場周辺の人たちが知るところとなり、とりわけ管理職が異動となれば […]
  • 週末 工房付近にいた陸亀騒動 新作の梱包が終盤を迎え、朝から工房に行こうとしたところ、工房のある植木畑に見慣れない物体が動いていました。長さは40cmもあろうかという陸亀でした。陸亀は工房への路を塞いでいて、私はちょっと驚きまし […]
  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • 週末 墓参りと新作準備 家内の亡父が17回忌となり、今日は横浜の久保山墓地に花と線香を手向けに出かけました。親戚も高齢化してなかなか集まれない状況の中で、私たちだけでも墓参りをしてきたのでした。横浜市南区にある久保山墓地は […]

Comments are closed.