形態のピカソと色彩のマチス

現在読んでいる「マチスの肖像」(ハイデン・ヘラー著 天野知香訳 青土社)の中でピカソとマチスのライバル関係が浮き彫りになっています。自分の鑑賞遍歴から言えば、ピカソは自分にとって解りやすい巨匠で、青の時代からキュビスムを経て晩年に至る作品の数々に、自分は高校時代から刺激を受けてきました。自分がアカデミックなデッサンを学んでいる頃は、「青の時代」の痩せこけた人物に惹かれ、自分が抽象衝動に駆られた頃は、その後のピカソの作品に惹かれました。まさに形態を追求したピカソは自分の興味関心を寄せるに充分な巨匠だったと言えます。マチスは色彩によって世界を創りあげようとした巨匠で、ピカソに比べて平穏な画面構成が多く、若い頃の自分には理解できませんでした。マチス晩年の色面による平面的な作風に感動を覚えたのは、ずっと後のことで、マチスの作品が南国の太陽のように輝きだし、その斬新な構成に心が囚われてしまったのでした。とくにマチスのアラベスクから自分のレリーフ模様は生れたと言っても過言ではありません。形態のピカソと色彩のマチス。いずれ劣らぬ20世紀の巨匠で、今でも親しみつつ刺激をもらっています。

関連する投稿

  • 2月RECORD「匂い立つ土俗の構え」 今月のRECORDのテーマを「匂い立つ土俗の構え」にしました。自分は土俗性、土着性の強い造形が大好きです。アフリカを初めとする世界各地の仮面の収集もやっていて、自分の制作動機をそこに求めることがあり […]
  • 「芸術における精神的なもの」 1912年にロシア人画家カンディンスキーが著した「芸術における精神的なもの」は、2011年の現在からすれば100年も前に出版されたことになります。その中に「…容貌や身体の各部分が、芸術上の理由から置 […]
  • 「三本の糸杉」M・エルンスト シュルレアリスムの画家マックス・エルンストは大好きな芸術家の一人です。いつもマチエールの巧みさと面白さに魅了されます。フロッタージュ(擦りだし)とグラッタージュ(削り)によって、画面が地質的であった […]
  • 創作意欲について 江戸時代の絵師葛飾北斎や長谷川等伯が晩年になっても創作意欲が衰えず、創作活動に励んでいたことを羨ましく思っています。私も60歳になっても創作活動の衰えはありません。寧ろ現在の方が充実しているように思 […]
  • 知的活動と手仕事 「キルヒナーは、1925年の自分の作品についての重要な自伝的省察において、『知的活動と手仕事の結びつきにおいて世界でもっとも美しくユニークな』芸術家という職業を彼が二元的に理解していることを明確に述 […]

Comments are closed.