詩の朗読CDを聴く

詩人の庄司利音さんから自作の詩を朗読したCDを借りてきました。これはライブを録音したもので、拍手の音も混じっていて、その場の雰囲気が伝わって快い気持ちになりました。劇伴音楽ならぬ詩伴音楽と言うべきギターの演奏が流れていました。これは奏者が作曲したもので、朗読より前に出ることがなく、詩の内容をさらに深く豊かに彩り、時に無音、時に情感が溢れて雄弁な楽想を感じることができます。利音さんは語りに抑揚があり、艶やかな響きとコトバの切り口に常々魅了されています。利音さんにお会いした時もその場で詩を朗読してくださいました。この人は声優にもなれそうだと思えましたが、自作だからこそ生きる語りなのかもしれません。コトバの威力を縦横無尽な表現をもって発揮する詩と音楽に、自分は憧れさえ抱くのです。

関連する投稿

  • 習いと慣れについて 家内が胡弓や三味線演奏で「○○さんは一所懸命なので漸く技巧が身について上手くなってきた」とか「私もやっと余裕が生まれてきた」と言っています。演奏や歌唱はそのつど技巧を習い、練習を繰り返して、漸く人前 […]
  • 日記から読み解く青年クレー 画家として特異な作風をもつパウル・クレー。その人となりを現在読んでいる「クレーの日記」(P・クレー著 南原実訳 […]
  • 横浜黄金町 高架下ライブ 家内の従兄弟で弾き語りをしている人がいます。ギター1本でアコースティックなオリジナル曲を歌っています。彼は主に東京のライブハウスでやっていますが、横浜の下町のカフェで弾き語りをやると言うので聴きに行 […]
  • 東京MIX「新音楽夜話」 親子共演 昨日に続いてテレビ番組の話題を取り上げます。私がよく見ているテレビ番組に「小室等の新音楽夜話」(東京MIX)があります。先日2回にわたって放映した番組が楽しかったので、NOTE(ブログ)にしました。 […]
  • ノーベル文学賞雑感 今年のノーベル文学賞に米歌手のボブ・ディランが受賞したと聞いて驚きました。職場にある新聞がどれも一面を割いて、このニュースを伝えていました。ボブ・ディランはシンガソングライターで、とくに自ら作詞した […]

Comments are closed.