背中の痛みに耐えかねて…

先月の雪が積もった朝、通勤途中の凍てついた路面で転倒して背中を打ちました。暫く湿布を貼っていましたが、痛みは既になくなっていて仕事にも創作活動にも影響はしていません。最近の木彫制作で腕や肩の筋肉を駆使しているため、そろそろ水泳をやって全身の調整をしようと思い立ち、今晩は近隣のスポーツ施設に出かけました。10分程度泳いでいたら忘れていた背中の痛みが次第に出てきて、しかも足が攣りそうになったので途中で止めて帰ってきました。大事をとってスポーツを止めましたが、事故から2週間以上も過ぎているのに、まだ身体にはダメージが残っているのが信じられませんでした。スポーツで体調を管理しながら創作活動を行うという従来のスタンスは、まだ時期的に早かったようです。気持ちはそうしたいのに身体が待てと言っているように思えました。

関連する投稿

  • 体内時計の変化 周囲の高齢な方々を見ていると不眠症に悩んでいる人が結構います。60歳定年を過ぎても自分は再任用管理職として現役で仕事をしているため、定年前とまるで変わらない生活を送っています。まして30年も続いてい […]
  • 聖夜 お汁粉作り&映画 私はキリスト教徒ではないので、クリスマスの意識はありません。若い頃に滞欧して、カトリック教会の厳かな式典や正教会の素朴な祈りに触れて、宗教のもつ純粋な祈祷に心が動かされたことがありました。そういう意 […]
  • 自分を取り戻す時間 私は一日1点ずつ小さな平面作品を作っていて、RECORDと名づけています。言わば毎日の記録です。日記のように作品を作っていくコンセプトで始めたRECORDでしたが、気楽に作品を作れない私の性格のせい […]
  • ほうとう鍋を囲んで… 職場独自で設定した三連休の前日に、職員全員と会食する機会を持ちました。私はこの職場では定番になっている管理職の大鍋提供サービスを行いました。今日作ったのは山梨県の郷土料理ほうとうです。ほうとうは、戦 […]
  • 退職の日 辞令交付式 私は20代の頃は海外にいたので、橫浜市公務員になったのは30歳でした。大学時代の就職活動組からすれば、随分遅れをとったことになりますが、あれから30年が経ち、今日定年退職を迎えることになりました。私 […]

Comments are closed.