2月は木彫一辺倒

2月になりました。「発掘~地殻~」の制作が佳境を迎えています。今月は「発掘~地殻~」の木彫部分の制作に明け暮れる1ヶ月になりそうです。今まで作ってきた陶彫は可塑性のある陶土を使うモデリングで、成形するために土を加えていく足し算の造形です。逆に木彫は木材を削り取っていくカーヴィングで、引き算の造形です。ひとつの作品の中にモデリングとカーヴィングが混在するのが自作の特徴で、さらに言えば彫刻といえども平面性が強く絵画的な面もあると思っています。今月は出来上がった陶彫部品に組み合わされる木彫を作っていく予定です。週末は木彫一辺倒です。どこまで出来るのか遅々として進まない現状を考えると焦りますが、こればかりはひたすら作業をしていくしか方法がありません。ウィークディの夜も作業したいところですが、騒音の出る電動工具を使わない作業に切り替えてやっていくつもりです。木彫は今月の作業如何によって、その後の作業が大きく変わります。頑張っていこうと思っています。

関連する投稿

  • 週末 陶彫から木彫へ 今週末で陶彫から木彫へ作業が移行することになりそうですが、今日のところは木材を陶彫を配置した画面に置いて、全体のバランスを見る程度に留めました。木材に切断する箇所のデッサンを施し、陶彫との関係を考え […]
  • 風薫る5月初め 5月になりました。今日と明日は通常出勤なので、今日は連休に挟まれているものの職場でしっかり仕事をしています。この時期は重要な調査を抱えているので、2日間の出勤はやむを得ないと思っています。5月は風薫 […]
  • 週末 新作へ向けて 今日の午前中は7月個展に出す作品の梱包を行い、午後になって来年の新作に向けて歩き出しました。新作は木彫レリーフによる三双屏風で、陶彫部品を埋め込むのは「発掘~混在~」と同じですが、木彫部分がかなり異 […]
  • 週末 木彫は粗彫りから 「発掘~群塔~」の土台部分になる木彫を始めました。先週末は木材を切断して、それぞれの場所に置きました。今日から鑿と木槌で彫っていくことになります。まず削ぎ落とす部分にチェンソーで等間隔に切り込みを入 […]
  • どこまで修整が許せるか… どこまで修整が許せるか、これは作品制作における素材が意図に反して起こすアクシデントのことです。自分の制作を突き詰めていく修整(修正)のことではありません。たとえば木彫における木材の裂け目、石彫におけ […]

Comments are closed.