HPリニューアルのRECORDについて

自分のホームページがリニューアルし、作品や展覧会等のページが一新しました。RECORDのページにも新しい視点が加わりました。年月ごとに並んだ表紙のどこか1ヶ月を選んでクリックすると、1ヶ月分のRECORDが一つの画面になって登場します。今まで通り1点ずつの作品が右から左へ流れる仕組みになっていますが、とりわけ30日または31日分のRECORDを一挙に同一画面に羅列した最初の扉が今回リニューアルした目玉です。月によっては繰り返される織物の文様のようであったり、連続する作品が方向を持った流れを表していたり、1ヶ月全体を眺めてみると自分の感覚が浮き彫りになって、改めて自分を振り返る機会になります。自分は構図をまとめすぎる傾向があることもわかってきました。RECORDの制作中、時に緩慢になった作品は、小さくまとまってしまい自己破壊をしようとする意識が薄いことがあります。一旦作り上げた構図を壊すことはパワーが必要です。それは永年継続という中で、慣れによって齎されるものでもあり、表現したい意欲よりも先に手が動いてしまうことで、退屈な作品になってしまうのです。1ヶ月の作品全体を眺められるのは、そうした課題を見つけ出す契機にもなると思っています。

関連する投稿

  • 陶彫加飾とRECORD 今日のタイトルはウィークディの夜に制作をやっている2つの作品のことです。まず、陶彫加飾とは成形が終わった陶彫部品の表面に彫り込みを加えていくことで、陶彫部品が集合した時に、彫刻全体に微妙な視覚効果を […]
  • イメージの醸成を待つ 先日、今年7月個展で発表する新作の撮影を終えたので、これから図録の編集に入ります。まだ「発掘~層塔~」のやり残した仕事もあるというのに早くも来年発表する作品のイメージが固まりつつあります。前にNOT […]
  • 12‘RECORD1月分アップ RECORDとは文字通りイメージを記録していく媒体で、日々ポストカード大の小作品を作り上げています。ずっと二足の草鞋生活を送り、ウィークディは公務員として働いているので、RECORDの制作時間は帰宅 […]
  • 2019年 陶彫制作の再開 昨日は実家の小さな祠に鎮座する稲荷に行ったり、母がいる介護施設を訪ねたり、東京赤坂の豊川稲荷に初詣に出かけて護摩を焚いてもらったりして、工房に立ち寄ることがありませんでした。昨年のNOTE(ブログ) […]
  • 発表のために制作する日常 一昔前は作品を作り溜めておくことをしていました。展覧会やホームページで発表しなければ、旧作が気に入らなくなったら再び手を入れることが可能で、過去の作品は常に現在の表現に更新されていました。現在は毎年 […]

Comments are closed.