「マチスの肖像」を読み始める

「マチスの肖像」(ハイデン・ヘラー著 天野知香訳 青土社)を読み始めました。画家アンリ・マチスはピカソとともに20世紀を代表する巨匠です。先日、鎌倉の美術館でマチス晩年の画集「ジャズ」を見てきたばかりで、光り輝く色彩による世界を堪能しました。マチスは自分の鑑賞遍歴とともに評価が変わっていった画家で、そういう意味では先日のNOTE(ブログ)に書いたエル・グレコと同じです。マチスはその強烈な色彩で野獣派と言われています。色彩が写実から離れ、物質的な色彩に移行していく過程で、カタチも象徴化・抽象化の一途を辿っていくようです。大作「ダンス」は大胆な構図と色彩で印象深く自分の脳裏に焼きついています。晩年の切り絵に至っては抽象そのものになり、単純にして豊かな表現を手に入れています。南仏ヴァンスの礼拝堂はマチス芸術の頂点をなすものと自分は思っているので、いずれ見に行きたいと願っています。マチスが線や面を単純化・本質化していく過程で、どのような思索をもち、深化発展していったのでしょうか。本書が楽しみになっています。

関連する投稿

  • 週末 梱包作業&美術館鑑賞 今日は梅雨らしい鬱々とした天気でした。午前中は昨日から続いている作品の梱包作業をやっていました。今日は若いスタッフが2人朝から来ていて、それぞれ制作に励んでいましたが、10時半頃スタッフ2人と家内を […]
  • 「マチスの肖像」の読後感 「マチスの肖像」(ハイデン・ヘラー著 天野知香訳 […]
  • 廃墟を描いた巨匠たち かつて人が住んでいた建物が残骸として残る廃墟。とりわけ石造建築は残骸さえ美しいと感じるのは万人にあるらしく、その欠落した建造物を多くの画家が描いています。私も時間が経過し蔦が絡まる廃墟に魅了された一 […]
  • ドイツ表現派に纏わる雑感 現在、通勤中に読んでいる「触れ合う造形」(佃堅輔著 西田書店)と、職場に持ち込んで休憩中に読んでいる「見えないものを見る カンディンスキー論」(ミシェル・アンリ著 青木研二訳 […]
  • 小冊子「魂の場所」 先日出かけた長野県軽井沢で、久しぶりに訪れたセゾン現代美術館で見た「魂の場所」展。この企画展にはどんな意図があるのか、収蔵作品を選んだ理由が知りたくて、売店で小冊子「魂の場所」(三浦雅士著 […]

Comments are closed.