週末 作業能率上がらぬ一日

今日は朝8時から夕方5時まで工房に篭って制作三昧でした。数日前に路上で転んで背中を打ったせいか、制作が今ひとつ乗りません。とりわけ木彫の効率が上がらず、四苦八苦しています。そこで、午後になって乾燥している陶彫部品の仕上げと化粧掛けを行い、窯入れの準備をしました。今週も2回の窯入れを考えています。まだ工房のある植木畑は残雪が多くあるため、ウィークディの夜の制作は無理と判断して、それならば水曜日に2回目の窯入れを行うことにして、今日は1回目の窯入れを行ってきました。作業能率が悪いのは困ったもので、木彫が進まないことには作品全体の構成が見えてきません。大まかな構成はイメージできているのですが、今回は細かい箇所に拘りたいので、何としても木彫を進めたいと願っています。とりあえず今日は3点目の木彫荒彫りに入りましたが、1点目や2点目もまだまだ中途半端です。やる気が空回りしているように思えて、もう一度頭を冷やそうと思いました。また次の週末に頑張りたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 「混在」の表層彫り込み 今日は朝から夕方まで工房で制作三昧でした。朝は相変わらずの寒さでしたが、昼ごろから暖かくなり、久しぶりにストーブを消して窓を開けました。彫り込みは順調に進みましたが、時間がかかるので一体いつ彫り込み […]
  • 週末 作業場の変化 朝から夕方まで工房で作業をしていると、さまざまな思いが浮かんできます。単純な木彫作業をやっているせいもあるのでしょうが、10数年も前に当時借りていた作業場で、ギリシャやトルコに現存するローマ時代の円 […]
  • 6月の制作計画 6月になりました。梅雨の時季を迎えますが、じめじめして湿気の多い毎日は好きになれません。でもこの季節が陶芸には最適で、土がゆっくり乾燥するので、ひび割れが少ないのです。今月は来年に向けて新作を進める […]
  • 週末 新作は土練りから 来年完成予定の新作は、木彫浮き彫りが主体となった三双屏風です。ただ木彫だけではなく自分の特徴とする陶彫部品が加わります。陶と木の組み合わせによる造形は、自分が20年来作り続けてきたもので、新作もその […]
  • 今年の締めくくりをどう過ごすか 12月になりました。光陰矢の如く時の早さを実感しています。こんなふうにして、あっという間に定年を迎えるのでしょうか。でも残り数年は公務員と彫刻家の二束の草鞋を履いて頑張る予定です。昨年は工房が完成し […]

Comments are closed.