横浜の「バーナード・リーチ展」

仕事中に家内から携帯電話がかかり、夕方「バーナード・リーチ展」に行こうと誘われました。家内は邦楽器店に楽器を修理に出すついでに横浜駅に立ち寄り、駅前のデパートで開催中の展覧会に行くことを予定していて、横浜駅近郊に職場がある自分に連絡をしてきたのでした。自分は職場で会計処理に忙殺されていたのですが、夕方6時過ぎには職場を出られそうと思ったので、6時15分にデパートの展覧会場前で待ち合わせることにしました。バーナード・リーチは英国の陶芸家で、日本に縁の深い人です。日本の民芸の中に英国のセンスを持ち込み、また英国に日本的な美を伝えた人でもあります。飴色や鉄色した釉掛けの陶器が有名ですが、今回自分は「鉄絵組合陶板 生命の樹」に惹かれました。楕円を描く象徴的な樹木の枝に多くの鳥が憩う画面で、見ていると枝のリズムが心地よく感じられます。樹木の下にいる馬や人物は労働に勤しみ、さらにその下では魚が泳ぐ様子が描かれていました。生活に根ざした美を追求したリーチ。柳宗悦の民芸運動に参加し、富本憲吉や河井寛次郎、濱田庄司との親交により東西民芸の橋渡しをしたリーチ。今日は一日の終わりにいい思いをしました。仕事で疲れた心を元気にさせてくれるひと時だったと思いました。

関連する投稿

  • 週末の展覧会巡り Ⅱ 今日も昨日に続き、美術館に出かけました。今日は朝5時に起床、家内と自家用車で一路栃木県へ向かいました。目指したのは足利市立美術館で開催中の「石田徹也展-ノート、夢のしるし」。31歳で夭折した画家石田 […]
  • 秋分の日は美術館・画廊を散策 今日は秋分の日でした。職場は週休2日なので、連休の実感はありませんでしたが、このところ秋の気配を感じているのは確かです。今日は早朝に工房に行って、明日の陶彫成形のために大きなタタラを7枚作りました。 […]
  • 恒例の陶器市・陶炎祭 毎年5月3日に、栃木県益子で行われている陶器市と茨城県笠間で行われている陶炎祭に出かけます。今年もこの時期がやってきて、早朝から横浜を発ち、陶芸の祭りを見てきました。益子や笠間には、かれこれ20年近 […]
  • 甦る!陶芸の里 毎年この時季に栃木県益子で開催されている陶器市と茨城県笠間の陶炎祭(ひまつり)に出かけていきます。友人たちの新作が楽しみなのです。今年は震災の影響で多くの窯が壊れたり、作品が割れたりしていることが報 […]
  • 連休後半のスケジュール 明日から4連休です。生憎の雨ですが、前から予定している栃木県益子の陶器市と茨城県笠間の陶炎祭に明日行ってきます。天候がどうであれ、環境を変えてみるのは創作上の刺激になると思っています。親友に会えるの […]

Comments are closed.